ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市議会 > 審議結果
四條畷市議会

本文

審議結果

平成31年2月定例議会 審議結果(2月25日分) 

全会一致で可決した議案 概要(議案の説明)
条例改正 四條畷市ひとり親家庭の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について 児童扶養手当法施行規則の一部改正に準じ、ひとり親家庭の医療費助成対象者の所得制限の審査に係る申請の期間に関し所要の改正を行うほか、規定の整備を行う。
職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定について 超過勤務命令の限度時間について、国家公務員の措置に準じ所要の改正を行う。
特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について 特別職の職員で常勤のものの退職手当の支給における在職月数の計算方法について、所要の改正を行う。
市長及び教育長の給料月額等に関する特別措置条例の一部を改正する条例の制定について 教育長の給料月額及び退職手当の額に関する特別措置を削除する。
その他 市道の路線認定について 開発行為に係る道路部の市への帰属に伴い、7路線を認定する。
補正予算 平成30年度四條畷市一般会計補正予算(第8号) 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞ1憶4,683万7千円を減額し、総額を歳入歳出それぞれ20憶4,020万5千円と定める。

平成30年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
歳入歳出それぞれ1,347万9千円を減額し、歳入歳出総額を66億888万8千円と定める。
平成30年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号) 歳入歳出それぞれ86万5千円を減額し、歳入歳出総額を7憶4,296万2千円と定める。
同意 公平委員会委員の選任について 平成31年6月15日をもって任期満了となる船岡 浩氏を引き続き適任と認め選任する

  〇賛成、×反対、-採決に参加せず

審議した議案と議員の賛否 結果 畷ビジョンの会 なわて政新会 市議会公明党 会派に
属さない議員
長畑浩則 藤本美佐子 島 弘一 吉田裕彦 渡辺 裕 大川泰生 曽田平治 瓜生照代 小原達朗 森本 勉 大矢克巳 岸田敦子
条例改正 四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について 可決 ×
同意 教育委員会教育長の任命について 可決 × × ×

※議長のため、法律により採決には参加できません

平成31年2月定例議会 審議結果(3月7日分)

全会一致で可決した議案 概要(議案の説明)
当初予算 平成31年度四條畷市土地取得特別会計予算 総額を歳入歳出それぞれ4,837万3千円と定める。
補正予算 平成30年度四條畷市一般会計補正予算(第9号)

災害復旧費について、繰越明許費を農地災害復旧事業が1,272万9千円、公園災害復旧事業が1,194万2千円と定める。

 平成31年2月定例議会 審議結果(3月22日分)

全会一致で可決した議案 概要(議案の説明)
当初予算 平成31年度下水道事業会計予算 年間有収水量544万6,600立方メートル、企業債の起債限度額は、公共下水道整備事業、流域下水道整備事業及び資本費平準化債の合計で6億5,070万円と定める。
新規条例 四條畷市心をつなぐ手話言語条例の制定について 手話は言語であるとの認識に立ち、聞こえないことへの理解と手話を普及し、もって誰もが住みやすい地域社会を実現することを目的とし、この条例を制定する。
条例改正 四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について 国民健康保険の保険料抑制策として、国の特別調整交付金を賦課総額の算定に用いるため、所要の改正を行う。
議会議案 妊婦が安心できる医療提供体制の充実と健康管理の推進を求める意見書 ※下記に全文を掲載

妊婦が安心できる医療提供体制の充実と健康管理の推進を求める意見書 [PDFファイル/66KB]

審議した議案と議員の賛否 結果 畷ビジョンの会 なわて政新会 市議会公明党 会派に
属さない議員
長畑浩則 藤本美佐子 島 弘一 吉田裕彦 渡辺 裕 大川泰生 曽田平治 瓜生照代 小原達朗 森本 勉 大矢克巳 岸田敦子
当初予算 平成31年度四條畷市一般会計予算 可決 ×

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


会議録検索システム<外部リンク>
録画配信<外部リンク>

四條畷市議会