ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 交通・公共交通 > 交通 > 内閣府「未来技術社会実装事業」の採択を受け、地域再生計画「けいはんな学研区域(田原地域)における自動運転車を起点とした地域主体の持続可能なまちづくり」に基づく取り組みを進めています
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 市のプロフィール > 個別計画 > 内閣府「未来技術社会実装事業」の採択を受け、地域再生計画「けいはんな学研区域(田原地域)における自動運転車を起点とした地域主体の持続可能なまちづくり」に基づく取り組みを進めています

本文

内閣府「未来技術社会実装事業」の採択を受け、地域再生計画「けいはんな学研区域(田原地域)における自動運転車を起点とした地域主体の持続可能なまちづくり」に基づく取り組みを進めています

四條畷市は、地域の課題をAI、IoTや自動運転、ドローン等の未来技術を活用し解決を図ることを目的とした、内閣府「未来技術社会実装事業」に応募し、全国12事業の中の1つとして採択されています

令和3年3月30日に、新型コロナウイルス感染症対策を考慮しつつ、地域経済の活性化を行い社会実験の成果を市域全体のまちづくりに組み込み、四條畷市全体の活性化をめざすべく、地域再生法第5条に基づく地域再生計画を策定し、内閣府による認定を受けました。

地域再生計画「けいはんな学研区域(田原地域)における、自動運転車を起点とした地域主体のまちづくり」 [PDFファイル/568KB]

本計画に基づき展開している事業

住民参画の土壌があり、けいはんな学研区域にある田原地域を市の重点地域として、平成29年度から開始した「地域主体のまちづくり」を継続し、地域の魅力を高め、人を惹きつけ、地域の人が未来に希望を持ち、誇りに思うまちをめざし、人口減少克服と住民の定住化を図る地域づくりを行うため、次のとおり事業を実施しています。

自動運転車導入事業

高齢化が進むにつれて交通不便となる地域の人の移動が減少しないように、地域内移動に関し新たな技術を積極的に取り入れ自宅付近から近隣バス停(小規模商業施設や文化施設も含む)まで、また小規模商業施設と文化施設の間に限定したラストワンマイルとなる低速型自動運転車の導入検討・実証実験・実装を行う。

未利用地の有効活用協議事業

田原地域の中心地に未利用地で放置されてきた商業施設用地の有効活用策を土地所有者等の関係者と協議を重ね、地元住民の意見を取り入れた活用策を検討する場を設定する。

  • 関係者と協議中

自動運転に関しての地域の理解度向上事業

地域の方に対し、低速型自動運転に関する技術、安全、運行管理などの講習を行い、併せて地域課題を再認識してもらい、地域づくり、人材づくりにつなげる。高低差のあるこの地域を終の棲家として暮らし続けてもらえるよう、地域の魅力再発見に資する、地域が主体となったイベントを支援する。

地域の人づくり研修

令和2 年2 月に本市の地域課題の解消に向け、大学や地域企業、地元ボランティアが参画する「日本一前向き!」コンソーシアムを設立している。この協力を得て地域の子どもたちや地域住民に新技術に関する体験学習会の開催やフォーラムを開催し、次世代の人材育成を行う。また、地域経済の好循環の創出に向けた技術講習事業を実施する。また、新型コロナウイルス感染症対策として「新たな生活様式」が定着化できるよう、高齢者のデジタルデバイドの解消に向けた、電子決済の促進やオンラインシステムの利活用策などの講習を行う。

未来技術社会実装事業のなかで本計画と関連して実施している事業

買い物に関する不便解消

地域における住みよさの持続化

関連リンク

企業版ふるさと納税(本計画に基づく事業が対象になります)

内閣官房・内閣府総合サイト「地方創生」>地域再生<外部リンク>

現在活用されている計画(PDF)<外部リンク>(471ページ)

「けいはんな学研区域(田原地域)における地域主体の持続可能なまちづくり」が内閣府未来技術社会実装事業に選定されました

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)