ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

たばこと健康

たばこの煙には約5,300種類の化学物質が含まれ、そのうちの約70種類には発がん性があります。たばこの主成分の一つである「ニコチン」には強い依存性があるため、喫煙習慣は自分の意思だけでは断ちにくいのです。

たばこを我慢してイライラする男性

たばこの煙について

たばこの煙に含まれる化学物質のうち、約70種類に発がん性があります。これらの物質は、のど・肺などたばこの煙が直接通る場所だけではなく、肺から血液を通じて全身に運ばれ、さまざまな病気の原因となります。がん以外にも、呼吸機能の低下、糖尿病の発症、動脈硬化、歯周病、心臓病、脳卒中といったさまざまな病気の原因となります。

ニコチンについて

ニコチンは、たばこへの依存性を高める化学物質です。使用をやめる難しさやイライラなどの離脱症状(いわゆる「ニコチン切れ」)の厳しさなどにおいて、ヘロインやコカインといった麻薬などと同じような特徴と強さを持っています。さらに、たばこには、メンソールやココアなどの香料が添加され、喫煙者がより多くのニコチンを摂取するように作られています。

喫煙が関連する疾患

たばこを吸っている人はこんな病気になりやすくなります

肺がんが最もよく知られていますが、煙の通り道となる口、鼻やのど、食道・胃など、また女性では子宮頚部がんの発症リスクを高めます。また、血管を収縮させ、血管の内側の壁を傷つけやすくなることから、生活習慣病の悪化、心臓病(狭心症や心筋梗塞)、脳卒中、歯周病や認知症も引き起こします。これらの病気との関係について、厚生労働省の研究班は、「科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である:レベル1」と判定しています。

出典:厚生労働省 喫煙の健康影響関する検討会報告書(平成28年8月)

路上喫煙及び受動喫煙に関するアンケート調査結果(内部リンク)

10月1日から四條畷市受動喫煙防止に関する条例が本格施行になります(内部リンク)


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?