ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・公聴 > 市長への意見箱 > 市長への意見箱 > 証明書のコンビニ交付、図書館での貸出のネット予約および電子図書館について
市長への意見箱

本文

証明書のコンビニ交付、図書館での貸出のネット予約および電子図書館について

受付日:令和3年8月17日

意見・提言内容

住民税決定証明書を住民票と同じようにコンビニで交付できるようにしてください。
大東市では可能です。
子どもが図書館の本をインターネット予約できるようにしてください。
インターネット予約できない理由がわかりません。
また電子図書館を導入してください。
大東市では導入済です。

 

回答内容

この度は、市長への意見箱に意見をくださり、ありがとうございます。
いただきましたご意見について、回答いたします。

住民税決定証明書のコンビニエンスストア交付については、一部の市においては、住民税決定証明書(課税証明書)をコンビニエンスストアで発行されており、市民サービスの更なる充実につながることは認識しておりますが、さまざまな費用などの効果を十分に検証し、検討していきたいと考えておりますので、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

次に、図書館に関するご意見については、教育委員会の専決事項でありますので、教育委員会から、お答えさせていただきます。
図書館でのインターネット予約の利用については、利用申込みをいただいた後、図書館からパスワードを発行のうえご利用いただく形式です。
そのため、セキュリティ及びトラブル防止の観点から、利用の申込みはご自身のみに限らせていただいており、申込みにあたっては、本人であることや住所及び在勤在学を確認できるものを持ちあわせていること、またパスワードを適切に管理できることなどを勘案のうえ、中学生以上を対象にさせていただいております。
次に、電子図書館については、コロナ禍において導入館が増えていますが、現在の図書館向け電子図書は、紙の図書と比べて高価であることや、利用者にニーズの高い作者については作品数の充実が遅れていることなど、種々課題がある状況です。
また、紙の図書と二重運用になった場合、人気のある作品は紙と電子の両方で購入することになり、その結果、新規購入分全体では作品数が減ることになるなど、効率性においても課題があることから、現状では、本市においては従来型の図書の充実が、利用者ニーズに沿った蔵書につながると判断しております。
この度は貴重なご意見をいただきまして、有難うございました。
今後も、皆様にとってご利用いただきやすい行政サービスに努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

四條畷市長 東 修平
四條畷市教育委員会教育長 植田 篤司