ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 田原支所 > 【実証実験】IoT・AI技術を活用した桜の開花予測(飯盛霊園)

本文

【実証実験】IoT・AI技術を活用した桜の開花予測(飯盛霊園)

飯盛霊園の約2,000本の桜は四條畷八景に指定しており、毎年春には多くの方が花見に訪れていただいています。しかし、これまでの大阪府内の桜の開花予想は目安にはなりますが、飯盛霊園の桜の開花状況とずれが生じることがあり、来園者の方から「せっかく来たのに咲いていない」との声がしばしば寄せられていました。

「霊園の桜」を楽しみにされている方への期待に応えるため、四條畷市は、飯盛霊園組合及びYuMake合同会社と協働し、未来技術社会実装事業の一環として、令和3年11月4日(木曜日)から、ライブカメラとAI技術を活用して桜の開花予測を開始します。

AI桜開花予測イメージ

 

実証実験内容

飯盛霊園内に気象IoTセンサーと桜を撮影するIoTカメラを設置し、気象データや桜の木々の状態データを収集することで、低コストで精度の高いピンポイントの開花予測情報を提供します。

測定した気象情報と開花予測データをWebページで公開し、「霊園の桜」を楽しみにしている皆さんに提供することで、霊園に行かずに現地の今の様子を知ることができます。

気象情報可視化Webサイトはこちら<外部リンク>

気象情報可視化Webサイトイメージ

実施体制

大阪府四條畷市、飯盛霊園組合、YuMake合同会社