ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保健センター > ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)

本文

ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)

※積極的な接種勧奨の差し控えがされています。

対象者

12歳になる年度初めから16歳になる年度の末日まで 3回接種

・サーバリックス(2価) 1か月以上の間隔をおいて2回接種。1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔をおいて3回目を接種。
・カーダシル(4価) 1か月以上の間隔をおいて2回接種。2回目から3か月以上の間隔をおいて3回目を接種。 

標準的な接種期間 
サーバリックス(2価):1か月の間隔をおいて2回接種。1回目から6か月以上の間隔をおいて3回目を接種。
カーダシル(4価):2か月の間隔をおいて2回接種。1回目から6か月の以上の間隔をおいて3回目を接種。

費用

無料

接種方法

医療機関に予約し、原則保護者が同伴して母子手帳を持参し、接種してください。

医療機関

他にも門真市、寝屋川市、守口市の医療機関で受けられます。
※やむを得ない理由があり近隣の医療機関以外で接種希望の場合は依頼書が必要です。接種前に必ず保健センターへご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)