ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保健センター > 子宮頸がんワクチン(HPV)

本文

子宮頸がんワクチン(HPV)

子宮頸がんワクチンにつきましては、国内でワクチン接種との因果関係を否定できない副反応事例が発生したため、平成25年6月14日から接種に関する積極的干渉を差し控えていました。しかし、最近の知見を踏まえ、子宮頚がんワクチンの安全性に特段の懸念が認められず、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたことから、令和3年11月26日付けの国からの通知により、積極的勧奨を再開することが決定されました。

つきましては、子宮頸がんワクチンは定期接種として公費で接種できますので、子宮頸がんの予防のためにも接種を検討してください。

なお、国において、これまでの積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への支援策の検討がなされており、救済制度が決定次第、市民の皆さまへ周知してまいります。

接種を検討・希望される場合は、必ずご確認ください

接種を検討・希望される際は、厚生労働省が作成した以下のリーフレットを必ずご確認ください。

子宮頸がんワクチンについて(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

掲載している厚生労働省のリーフレットは、令和2年(2020年)10月に更新されたものです。詳しくは厚生労働省ホームページをご確認ください。

概要版

厚生労働省リーフレット(概要版)<外部リンク>

詳細版

厚生労働省リーフレット(詳細版)<外部リンク>

受けた後

厚生労働省リーフレット(受けた後版)<外部リンク>

対象者

小学6年生から高校1年生相当年齢の女子

※在学の有無は問いません。

※接種される場合は、予防接種の効果・予測される副反応等について保護者及び接種する本人も理解した上で接種してください。

費用

無料

ワクチンについて

 

ワクチン名

サーバリックス(2価) ガーダシル(4価)

接種間隔

※標準的な接種間隔

1か月以上の間隔をおいて2回接種

1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔をおいて3回目を接種

※1か月の間隔をおいて2回接種

1回目から6か月以上の間隔をおいて3回目を接種

1か月以上の間隔をおいて2回接種

2回目から3か月以上の間隔をおいて3回目を接種

※2か月の間隔をおいて2回接種

1回目から6か月以上の間隔をおいて3回目を接種

接種回数

3回接種

注意事項

・子宮頸がんワクチンは、接種部位に強い痛みが生じやすいワクチンでもあり、かかりつけ医での接種をお勧めします。

・妊娠中もしくは妊娠している可能性がある場合は原則接種できません。

・どちらかのワクチンで3回接種が完了した後、新たにもう一方を接種することはできません。

接種方法及び実施医療機関

医療機関に予約し、原則保護者が同伴して母子手帳を持参し、接種してください。

四條畷市・大東市の実施医療機関は、下記を参照してください。

四條畷市・大東市 定期予防接種実施医療機関一覧 [PDFファイル/144KB]

 

他にも、門真市、寝屋川市、守口市の医療機関で受けられます。

※やむを得ない理由があり近隣の市(四條畷市、大東市、門真市、寝屋川市、守口市)以外で接種希望の場合は依頼書が必要です。接種前に必ず保健センターへご連絡ください。

依頼書についてはこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)