ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保健センター > たばコラム(1)春ですね! 禁煙で健康生活始めませんか!

本文

たばコラム(1)春ですね! 禁煙で健康生活始めませんか!

桜の下でジャンプする人の画像

四條畷市では平成30年12月に「受動喫煙防止条例」を制定しました。

 望まない受動喫煙から、たばこを吸わない人が守られることはもちろん大切です。しかし、喫煙することにより、さまざまな病気のリスクが増えるなど、一番大きな影響を受けているのは、実は喫煙者ご本人であるといえます。

 

 喫煙は、たばこに含まれる「ニコチン」に対する依存症です。禁煙当初は体内のニコチンが少なくなると、イライラや落ち着きのなさ、たばこが欲しくてたまらなくなるなどの禁断症状に悩まされます。それらは3日から長くて10日前後で軽減されていきますが、喫煙者の多くは自力ではこの期間を乗り越えることができません。

 禁煙外来を利用すると、それらの症状を軽減させる薬の処方が受けられ、また、禁断症状を乗り切るアドバイスも受けることができます。喫煙本数が多い、長年吸っているなど、条件が合えば健康保険が適用されるので、人によっては1か月のたばこ代より安い費用で禁煙を達成することができます。

 また、四條畷市では、5月15日から禁煙にチャレンジする人を応援する禁煙外来医療費助成制度を創設します。

 禁煙は、始めたその日から身体の中に効果が現れる、もっとも手軽ですぐれた健康法でもあります。今まで禁煙に挑戦したことのない人も、以前試したことのある人も、この春、ぜひ取り組んでみましょう!

 禁煙外来の健康保険適用条件 [PDFファイル/96KB]

 四條畷市禁煙外来医療費助成制度(内部リンク)

 

たばこと健康(内部リンク)

たばこを吸う方へ(日本禁煙学会ホームページ)外部リンク<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)