ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 健康・医療 > 健康づくりの取組み > 見守りアプリ社会実験&スマートフォン使い方教室に参加しませんか。

本文

見守りアプリ社会実験&スマートフォン使い方教室に参加しませんか。

スマートフォン高齢者見守りアプリイメージ

四條畷市は、高齢者の健康づくり及び介護予防をめざし、今年度も「日本一前向き!」コンソーシアム会員である奈良先端科学技術大学院大学と協働して、スマートフォンのアプリを使って、日常的なヘルスケア、見守りを行う実証実験を実施します。
また、あわせて国が「デジタル社会の実現に向けた改革の基本方針」 [PDFファイル/840KB]に示した「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化」を進めるため、奈良先端科学技術大学院大学による「スマートフォンの使い方教室・困ったときの相談」を行います。

スマートフォン活用社会実験参加者募集フライヤー [PDFファイル/1.3MB]

実証実験の内容

実施期間

令和4年8月1日(月曜日)から1月31日(火曜日)

実施場所

グリーンホール田原

市立公民館

老人福祉センター「楠風荘」

対象者

スマートフォンを持っている人

募集人数

30人
※上限に達し次第、募集を締め切ります

実施主体

奈良先端科学技術大学院大学、四條畷市

実施内容

  1. 見守りを目的としたスマートフォンアプリをご利用いただきます。
  2. 各会場で週1回程度行うスマートフォン教室および相談窓口を利用していただけます。

申し込み・お問い合わせ

0743-78-0175(四條畷市役所 田原支所)

072-879-3939(四條畷市公民館)

参考リンク

【令和3年度実証実験】スマートフォンを使った高齢者向け見守り・ヘルスケア実証実験およびスマートフォン使い方教室を実施しました

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)