ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 健康・医療 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症の受診のめやす

本文

新型コロナウイルス感染症の受診のめやす

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

 「新型コロナウイルス感染症」は、初期は発熱のほか咽頭痛、咳、くしゃみなど、一般の風邪などとよく似た症状で始まります。「新型コロナウイルス感染症」を疑って相談・受診される前に、以下の点を心がけてください。

・発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み、外出を控える。

・発熱等の風邪症状があるときは、毎日、体温を測定して記録しておく。

・基礎疾患(持病)をお持ちで症状に変化がある場合、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な場合は、まずはかかりつけ医等に電話で相談する。

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)に相談するめやす(令和2年5月11日)

大阪府から令和2年5月11日付けで相談するめやすが更新されましたので、お知らせします。

<すぐに相談>

  1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。

  2.重症化しやすい人(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。

   ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある人、
     透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いた治療をしている人

<症状が4日以上続くときは必ず相談>

  3.上記1、2に当てはまらないが、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。

※1から3までの条件に当てはまらない場合の相談も可能です。 

<妊婦とお子さまについて>

  1. 妊婦は、念のため、重症化しやすい人と同様に早めにご相談ください。
  2. お子さま(小児)は、小児科医による診察が望ましく、「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

なお、このめやすは、皆さんが相談・受診するめやすとして示されているものです。検査の実施についてはこれまで通り、医師が個別に判断します。

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)

※令和2年4月6日から、府内保健所の新型コロナ受診相談センターの電話相談窓口が一元化されました(政令市・中核市を除く)。

電話 06-7166-9911(土・日・祝日含め24時間対応)

(聴覚障がい等で電話での相談が難しい場合)
ファックス番号  06-6944-7579

医療機関にかかるときのお願い

※医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖やひじの内側などを使って口・鼻を覆うこと)の徹底をお願いします。

※複数の医療機関を受診することにより、感染が拡大してしまう場合があります。複数の医療機関を受診することは控えてください。

 一般的なお問い合わせはこちらへ

ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、下記の電話相談をご利用ください。

(新型コロナウイルス感染症についての一般的な情報は下記の大阪府・厚生労働省ホームページをご参照ください)

大阪府民向け相談窓口

毎日 午前9時から午後6時まで   電話 06-6944-8197

(聴覚障がい等で電話での相談が難しい場合)
ファックス番号 06-6944-7579

厚生労働省電話相談窓口

毎日 午前9時から午後9時まで   電話 0120-565653(フリーダイヤル)

(聴覚障がい等で電話での相談が難しい場合)
ファックス番号 03-3595-2756

注意:番号にお間違えのないようにお願いいたします。

新型コロナウイルス関連肺炎について(大阪府ホームページ)<外部リンク>

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

外国人向け相談窓口(中国語・英語による相談先)

コロナウイルス感染症に関する外国人向けの相談窓口の案内ポスターです。(令和2年2月10日現在の内容)

四條畷市内の事業者でポスターが必要な場合はダウンロードしてご利用ください。

注意:感染状況等により内容を更新する場合がありますので、ご了承ください。

【中国語版】

相談窓口案内ポスター(中国語版)

相談窓口案内ポスター(中国語版) [PDFファイル/965KB]

【英語版】

相談窓口案内ポスター(英語版)

相談窓口案内ポスター(英語版) [PDFファイル/999KB]

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~ [PDFファイル/955KB]

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

8つのポイント

1) 部屋を分けましょう

2) 感染者のお世話はできるだけ限られた方で

3) マスクをつけましょう

4) こまめに手を洗いましょう

5) 換気をしましょう

6) 手で触れる共有部分を消毒しましょう

7) 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

8) ごみは密閉して捨てましょう

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)