ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保健センター > 人間ドック・脳ドックの助成

本文

人間ドック・脳ドックの助成

(お知らせ)

平成31年4月1日から、国民健康保険の被保険者の健康づくりをより効果的に支援するため、人間ドック・脳ドックの助成など保健事業を保健センターが担当します。

保険年金課の窓口では、申請受付は行いますが、実施契約機関で受診する場合の「助成対象者証明書」の発行につきましては、後日保健センターからの郵送となります。ご了承ください。

令和元年10月1日受診分から、消費税増税に伴い、助成金額を増額します。

 

 

国民健康保険の被保険者に健康維持と病気の早期発見・早期治療を心がけていただくために、人間ドック 及び脳ドック受診に対する助成を行っています。

助成対象者(次の条件をすべて満たす人)

  1. 受診時の年齢が30歳以上の人
  2. 内臓疾患(人間ドックの場合)、脳疾患(脳ドックの場合)による治療をうけていない人
  3. 同一年度内に本事業の助成を受けていない人

助成対象の範囲

1 次に記載の実施契約機関において、受診する場合(指定医療機関受診)

人間ドック

  • 帝国ホテルクリニック
  • アムスニューオータニクリニック
  • 多根クリニック
  • 大野クリニック
  • ベルクリニック
  • 畷生会脳神経外科病院

脳ドック

  • 畷生会脳神経外科病院
  • 野崎徳洲会病院
  • 仁泉会病院

 

人間ドック・脳ドック実施契約機関の連絡先などにつきましては、以下のファイルをご覧ください。

人間ドック・脳ドック実施契約機関一覧表 [PDFファイル/103KB]

 

助成金額 (令和元年10月1日改定)

 人間ドック 22,800円

 脳ドック 16,074円

 人間ドック+脳ドック 33,600円(同時に受診できる場合に限る)

2 上記記載の実施契約機関以外において、人間ドックを受診した場合(指定外医療機関受診)

<助成金額>

 人間ドック 22,800円を限度(令和元年10月1日改定)

  助成金額を超えない場合は、その費用を限度とします。

  令和元年9月30日までに受診された人は、22,000円を限度とします。

申し込みと受診の方法

1 指定医療機関で受診する場合(受診される前に申し込みが必要です。)

(1) 保健センターの窓口に「受診申込書」を提出します。
 (国民健康保険証と印鑑をお持ちください。用紙は窓口にあります。)

(2) 窓口で、市から「助成対象者証明書」を発行します。
 (田原支所または保険年金課で申し込みされた場合は、後日郵便で送付します。)

郵送での申し込みも受け付けます。

申請書提供サービスから「人間ドック・脳ドック受診申込書」をダウンロードし、必要事項を記入・捺印のうえ、郵送してください。

申請書提供サービスファイル

人間ドック・脳ドック受診申込書 [PDFファイル/99KB]

郵送先

郵便番号575-0052

四條畷市中野3丁目5-28

四條畷市立保健センター まで

 

(3) 指定医療機関にご自身で直接予約をいれます。
「助成対象証明書」は発効日から3ヶ月経過すると無効になりますので、それまでに受診できるように予約下さい。

(4) 受診時に「助成対象証明書」を指定医療機関に提出します。
 (提出しなかった場合は、助成が受けられません。)

(5) 受診後は、指定医療機関に検査料から助成金額を差し引いた額を支払います。

 

2 指定外医療機関で受診する場合(事後申請となります。)人間ドックのみ

  1. 任意の実施機関で受診し、検査料を全額支払います。
  2. 受診後、保健センターの窓口に「助成金交付申請書」を提出します。
    (国民健康保険証・印鑑・領収書・検査結果通知書等・口座情報のわかるものをお持ちください。申請書は窓口にあります。)
  3. 所定の人間ドック健診内容を受診しているか審査します。
  4. 助成金額を指定の金融機関口座へ振り込みます。

申請書提供サービスファイル

人間ドック助成金交付申請書 [PDFファイル/83KB]

受診日現在、本市国民健康保険の資格を喪失している場合は、助成を受けることができませんので、ご注意ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)