ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民健康保険料の計算例

本文

国民健康保険料の計算例

(例)3人家族の場合

家族構成と令和4年中の所得

  • 夫 40歳            2,000,000円
  • 妻 35歳             500,000円
  • 子 10歳                0円

医療分の国民健康保険料の計算

夫 [令和4年中の所得](2,000,000円-430,000円)×7.78パーセント=[所得割額] 122,146円
妻 [令和4年中の所得](500,000円-430,000円)×7.78パーセント=[所得割額] 5,446円

世帯の所得割額

[夫の所得割額] 122,146円+[妻の所得割額] 5,446円=127,592円 A

均等割額

27,804円×[加入人数] 3人=[均等割額] 83,412円 B 

平等割額

25,722円 C

医療費分の国民健康保険料(年額)

A+B+C=236,726円 D

Dが65万円以上になるときは、65万円(限度額)となります。

後期高齢者支援金分の国民健康保険料の計算

夫 [令和4年中の所得](2,000,000円-430,000円)×3.02パーセント=[所得割額] 47,414円
妻 [令和4年中の所得](500,000円-430,000円)×3.02パーセント=[所得割額] 2,114円

世帯の所得割額

[夫の所得割額] 47,414円+[妻の所得割額] 2,114円=49,528円 E

均等割額

10,593円×[加入人数] 3人=[均等割額] 31,779円 F

平等割額

9,800円 G

後期高齢者支援金分の国民健康保険料(年額)

E+F+G=91,107円 H

Hが20万円以上になるときは、20万円(限度額)となります。

介護分の国民健康保険料の計算
(40歳以上、65歳未満の加入者が対象)

所得割額(令和4年中に所得のあった介護保険加入者全員をそれぞれに計算)

夫 [令和4年中の所得](2,000,000円-430,000円)×2.61パーセント=[所得割額] 40,977円 I

均等割額

19,347円×[加入人数] 1人=[均等割額] 19,347円 J

介護分の国民健康保険料

I+J=60,324円 K

Kが17万円以上になるときは、17万円(限度額)となります。

令和5年度の国民健康保険料

年間の保険料

D+H+K=388,157円 L

1ヵ月あたりの保険料

L÷12ヵ月=32,346円

10回払いの月額

L÷10ヵ月=38,815円

端数は切捨てされますので、計算と実際の保険料額があわない場合があります。

国民健康保険料の計算へ戻る場合はこちら

国民健康保険料の計算


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?