ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民健康保険料の計算例

本文

国民健康保険料の計算例

(例)3人家族の場合

家族構成と令和2年中の所得

  • 夫 40歳            2,000,000円
  • 妻 35歳             500,000円
  • 子 10歳                0円

医療分の国民健康保険料の計算

夫 [令和2年中の所得](2,000,000円-430,000円)×7.51パーセント=[所得割額] 117,907円
妻 [令和2年中の所得](500,000円-430,000円)×7.51パーセント=[所得割額] 5,257円

世帯の所得割額

[夫の所得割額] 117,907円+[妻の所得割額] 5,257円=123,164円 A

均等割額

26,192円×[加入人数] 3人=[均等割額] 78,576円 B 

平等割額

22,858円 C

医療費分の国民健康保険料(年額)

A+B+C=224,598円 D

Dが63万円以上になるときは、63万円(限度額)となります。

後期高齢者支援金分の国民健康保険料の計算

夫 [令和2年中の所得](2,000,000円-430,000円)×2.84パーセント=[所得割額] 44,588円
妻 [令和2年中の所得](500,000円-430,000円)×2.84パーセント=[所得割額] 1,988円

世帯の所得割額

[夫の所得割額] 44,588円+[妻の所得割額] 1,988円=46,576円 E

均等割額

9,764円×[加入人数] 3人=[均等割額] 29,292円 F

平等割額

8,521円 G

後期高齢者支援金分の国民健康保険料(年額)

E+F+G=84,389円 H

Hが19万円以上になるときは、19万円(限度額)となります。

介護分の国民健康保険料の計算
(40歳以上、65歳未満の加入者が対象)

所得割額(令和2年中に所得のあった介護保険加入者全員をそれぞれに計算)

夫 [令和2年中の所得](2,000,000円-430,000円)×2.59パーセント=[所得割額] 40,663円 I

均等割額

17,504円×[加入人数] 1人=[均等割額] 17,504円 J

介護分の国民健康保険料

I+J=58,167円 K

Kが17万円以上になるときは、17万円(限度額)となります。

令和3年度の国民健康保険料

年間の保険料

D+H+K=367,154円 L

1ヵ月あたりの保険料

L÷12ヵ月=30,596円

10回払いの月額

L÷10ヵ月=36,715円

端数は切捨てされますので、計算と実際の保険料額があわない場合があります。

国民健康保険料の計算へ戻る場合はこちら

国民健康保険料の計算


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?