ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保険年金課 > 療養費の支給

本文

療養費の支給

次のようなときは、いったん全額自己負担していただきますが、申請(領収書等を添付)して認められると国民健康保険が負担する分が払い戻されます。

  1. 旅先で急病になったり、緊急その他やむを得ない理由で保険証を持たずに治療をうけたとき。(一般医療)
  2. 医師が必要と認めたコルセットなどの治療用具代。(装具装着)
  3. 医師が必要と認めたあんま、はり、きゅう、マッサージの施術料。(接骨)
  4. 柔道整復師の施術を受けたときの費用(国民健康保険を取り扱っている場合は申請不要です。)(柔整)
  5. その他(輸血をしたときの生血代や移送費など)
  6. 海外渡航中に治療を受けたとき。(※療養を目的とした渡航の場合は除きます。)

申請に必要なもの

添付一覧
種類 用意いただくもの
(共通)
用意いただくもの(個別)
1 一般医療 •被保険者証
•印鑑
•本人名義の口座がわかるもの
•診療内訳書(レセプトでも可)
•医療機関等の領収書
 (院外処方なら医療機関と薬局の両方分)
2 装具装着 •医師の意見書
•装具装着証明書
•領収書
3 接骨 •医師の同意書
•施術内訳書
 (施術者の作成した療養費支給申請書)
•領収書
4 柔整 •施術内訳書
 (施術者の作成した療養費支給申請書)
•領収書
5 その他 事前に保険年金課に確認願います。
6 海外療養費 •診療内容明細書(日本語の翻訳文要)
•医療機関等の領収明細書(日本語の翻訳文要)
•パスポート
(受信者本人の出入国記録が確認できるもの)

 

※海外療養費については、実際に支払った治療費と日本国内で受診(保険診療)した場合にかかる費用とを比べて少ない方の額から、一部負担金相当額を差し引いて支給します。そのため、実際にかかった治療費に比べて支給される額が少ない場合も考えられます。

郵送での申請も受け付けます。

ダウンロードした申請書を印刷して、必要事項を記入・捺印し、必要書類のコピーを添えて、下記に郵送してください。

※上記の添付一覧表にある、個別にご用意いただくものは、原本の添付が必要ですので、コピーを添付しないでください。

郵送先

郵便番号 575-8501 四條畷市中野本町1-1

四條畷市役所 保険年金課 給付担当まで

国民健康保険被保険者証の同封は必要ありません。
口座名義人欄はかならずカタカナでのご記入をお願いします。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)