ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 大阪府障がい者差別解消条例について

本文

大阪府障がい者差別解消条例について

大阪府障がい者差別解消条例について

大阪府では「障がいを理由とする差別のない、共に生きる大阪の社会」をめざし、平成28年4月に「大阪府障がい者差別解消条例」を施行し、障がい者差別のない共生社会の実現をより一層推進するため、令和3年4月に改正されました。これまで努力義務とされていた事業所による合理的配慮の提供が義務化することとされました。

合理的配慮とは?
障がいのある人は社会の中にあるバリアによって生活しづらい場合があります。そのバリアを取り除くために、何らかの対応を必要としているとの意思を伝えられた時に、負担が重すぎない範囲で対応することが求められます。
例えば...
・視覚障がいのある人から書類を読んでほしいと求められたので対応する。
・自筆が困難な人からの申出を受けて意思確認を行った上で代筆する。



~四條畷市では平成31年4月から「四條畷市心をつなぐ手話言語条例」を施行しています~