ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 下水道課 > マンホールへのタバコのポイ捨ては火災の原因になります

本文

マンホールへのタバコのポイ捨ては火災の原因になります

マンホールにポイ捨てされたタバコはそのまま下水に流れるのではなく、マンホール蓋のすぐ下にあるセーフティーキャッチに引っかかります。その結果、セーフティーキャッチが焦げ、場合によっては火災につながるおそれがあります。吸い終わったタバコはポイ捨てせずに適切に処理しましょう。

四條畷市では受動喫煙防止の取り組みを行っています。
市内の道路での喫煙は全面禁止されています。また、公共的施設、道路や公園等の公共的空間では喫煙できる場所が定められています。

令和元年10月1日から四條畷市受動喫煙防止に関する条例が本格施行になります

マンホール蓋を開けたところ

マンホールにポイ捨てされたタバコ

ポイ捨てされたタバコ

 

焦げたセーフティーキャッチ

タバコにより焦げたセーフティーキャッチ