ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政 > 市政運営 > 市制施行50周年記念事業 > 市制施行50周年記念市民実行委員会事業

本文

市制施行50周年記念市民実行委員会事業

市民実行委員会事業とは

市民実行委員会事業とは、公募により選定した市民のグループが中心となり、事業の企画から、立案、運営まで自主的、主体的に実施するものです。

2018年度から2020年度にかけて、市と連携(情報交換や、場所の提供、人的支援、公的な関係機関との協議、調整支援、広報周知等、必要に応じた協力)して、段階的に準備作業や事業を実施します。

詳しくは、市制施行50周年記念事業基本指針をご覧ください。

市民実行委員会を担う市民グループを決定しました

市民実行委員会を担う市民グループと事業提案を募集した結果、応募のあった下記2団体を市民実行委員会として承認しました。
承認団体(提案順)

  • 四條畷市だんじり蒲団太鼓連合会
  • 50周年記念事業を考える市民の会

市民実行委員会を担う市民グループと市民実行委員会事業提案を募集します

※平成30年7月31日をもって募集は終了しました。

四條畷市では、2018年度から年度を追うごと盛り上がるよう、2020年度までの3年間で、自主的、主体的に市制施行50周年記念事業を実施したい市民グループを募集します。

市民グループは、既存の市民団体だけでなく、これを機に集まったチームでもかまいません。

市民の皆さんが、こんな事業があったらいいなと思う事業を具体的に形にしていただき、提案してください。

優れた提案のあったグループに対し、市制施行50周年記念事業市民実行委員会として認め、提案のあった事業を市制施行50周年記念事業の市民実行委員会事業に位置付け、市も連携して事業に伴走します。

応募条件

2018年度から2020年度まで継続した取組みを進めるとともに、四條畷市制施行50周年記念事業基本指針に掲げる市民実行委員会事業の基準をすべて満たす事業の実施予定を踏まえたうえ、次の要件をすべて満たしてください。

  1. 四條畷市制施行50周年記念事業の基本方針に賛同し、方針に沿った企画提案書を提出すること。
  2. 5人以上のグループであり、四條畷市内在住または在勤の方を含むこと。
  3. グループ内に四條畷市内でイベントを企画・立案・運営した経験がある方を含むこと。
  4. 事業費用を自己資金、協賛金、収益などにより調達する見込みがあること。

注意事項

  • 市からの報酬はありません。
  • 応募グループが複数あった場合は、1団体に向けた調整を行う可能性があります。

応募方法

募集要項を確認のうえ、応募書類を四條畷市役所魅力創造室へ提出してください。

応募書類

  1. 企画提案書(2020年度予定の事業を2件提案してください。)
  2. 構成員名簿及び活動実績表

応募期間

平成30年6月15日(金曜日)から7月31日(火曜日)まで【募集は終了しました。】
持ち込みの場合は平日8時45分から17時15分、郵送の場合は消印有効

提出先

〒575-8501 四條畷市中野本町1番1号
四條畷市役所 魅力創造室

決定

市長を本部長とする四條畷市制施行50周年記念事業推進本部において、決定します。

募集要項、応募書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)