ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 財政課 > 市の財政状況(令和2年度9月30日現在)

本文

市の財政状況(令和2年度9月30日現在)

令和2年9月30日現在の財政状況をお知らせします。

予算執行状況

 令和2年9月30日現在の一般会計の予算規模は、286億4,323万1千円(繰越明許費を含む)で、前年同期の204億7,482万5千円と比較すると、81億6,840万6千円の増となりました。

 9月末の収入済額は、164億5,190万2千円、収入率57.4%、前年同期の98億2,607万8千円、収入率48.0%と比較すると、収入済額で66億2,582万4千円の増となり、収入率は9.4%の増となりました。

 支出済額は、146億3,069万円、支出率51.1%で前年同期の80億2,814万3千円、支出率39.2%と比較すると、支出済額で66億254万7千円の増となり、支出率は11.9%の増となりました。

一般会計予算執行状況

予算額 286億4,323万1千円

歳入

歳出

 

特別会計予算執行状況

特別会計

 

 

市債の現在高

 市債の現在高は、一般会計では144億9,891万2千円となり、前年同期の148億6,671万1千円と比較すると、3億6,779万9千円、2.5%の減となりました。市民1人当たりに換算すると26万1,119円で、前年同期の26万6,907円と比較すると、5,788円の減となりました。

 特別会計の合計は、127億6,864万1千円で、前年同期の134億1,016万3千円と比較すると、6億4,152万2千円、4.8%の減となりました。市民1人当たりに換算すると22万9,958円で、前年同期の24万757円と比較すると、1万799円の減となりました。

市債の現在高

総計 272億6,755万3千円

市債

財産の現在高

 基金の現在高は、53億6,882万1千円で、前年同期の48億8,863万5千円と比較すると、4億8,018万6千円の増となりました。市民1人当たりに換算すると9万6,690円で、前年同期の8万7,767円と比較すると、8,923円の増となりました。

 市有財産の現在高は、建物が11万9,469平方メートルで、前年同期と増減はありません。用地は77万4,937平方メートルで、前年同期の75万5,261平方メートルから1万9,676平方メートルの増となりました。

財産の現在高
基金 建物 用地
基金:19億2046万4千円 建物:12万248平方メートル 用地:53万9340平方メートル(道路・河川等を除く)
53億6,882万1千円 11万9,469平方メートル

77万4,937平方メートル

(道路・河川等を除く)

一時借入金の現在高

一時借入金の現在高
会計 借入金額 借入先
一般会計

なし

-

特別会計 なし

-

公債費市民一人あたりの予算の使われ方

人口は令和2年9月30日現在の5万5,526人による

市民一人あたりの予算の使われ方
民生費 総務費 教育費 衛生費 公債費 土木費 その他 合計
民生費 総務費 教育費 衛生費 公債費 土木費 その他  
19万1,671円 14万1,535円 5万423円 4万1,604円 3万2,547円 2万7,496円 3万576円 51万5,852円

用語解説

市債

学校や道路など多額の費用がかかる建設事業を行うとき、国・大阪府及び銀行などから資金を借ります。この借入金を“市債”といいます。市債は次年度以降にその施設などを利用する人も「借入金の償還」という形で税負担をするため、世代間の公平が図られます。

一時借入金

会計年度中に一時的に収支の不均衡が生じ、収入を上回る支払が見込まれる場合に、その支払資金の不足を補うために借り入れる借入金のことです。