ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 引き続き農業経営を行っている旨の証明書

本文

引き続き農業経営を行っている旨の証明書

農業相続人が相続等により農地を取得し自ら農業を営む場合は、一定の要件のもとに納税が猶予されます。

相続税・贈与税の納税猶予の適用を受ける人は、税務署に対し、3年ごとに農業経営に関する事項を記載した届出書の提出が必要で、農業委員会としては現地を確認し、農業経営を行っている証明書を発行します。

申請の際に、税務署から届く「農業経営に関する明細」を併せてお持ちください。

引き続き農業経営を行っている旨の証明書 [Wordファイル/32KB]

引き続き農業経営を行っている旨の証明書 [PDFファイル/72KB]

利用状況報告書 [Wordファイル/35KB]

利用状況報告書 [PDFファイル/82KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)