ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 秘書政策課 > 第6次四條畷市総合計画

本文

第6次四條畷市総合計画

 平成27年度で目標年次を迎えた第5次総合計画【後期計画】の次期計画として、本市の将来に繋ぐまちづくりの展望を据え、進むべき方向性を示す第6次総合計画を策定しました。

販売について

第6次四條畷市総合計画は、市役所本館2階総合政策部政策推進課、田原支所にて1部1,500円で販売しています。

第6次四條畷市総合計画

総合計画の構成

総合計画は、長期のビジョンを掲げ、まちづくりの発展へと繋いでいくという観点から、次のような計画の構成とします。

  1. 基本構想
    長期的な行政運営の指針としての将来像(夢)と、それを具現化するための大きな方向性を示します。
  2. 基本計画
    基本構想の理念に基づき、基本施策の方向と体系を示します。
  3. 実施計画(部長マニフェスト)
    基本計画に定めた施策の効果的な推進と責任の明確化を行うため、年度ごとの取り組み方針を示す部長マニフェストを策定します。

平成30年度部長マニフェストを策定

 第6次四條畷市総合計画の推進を図るにあたり、当該計画の実施計画に位置付けている「平成30年度部長マニフェスト」を策定しましたので、公表します。
平成30年度部長マニフェスト(PDF:1.4MB)

 「平成30年度部長マニフェスト」について、年度末評価を行いましたので、公表します。  

平成30年度部長マニフェスト(年度末評価後) [PDFファイル/2.01MB]

平成31年度部長マニフェストを策定

  第6次四條畷市総合計画の推進を図るにあたり、当該計画の実施計画に位置付けている「平成31年度部長マニフェスト」を策定しましたので、公表します。

平成31年度部長マニフェスト [PDFファイル/439KB]

計画期間

  1. 1.基本構想
    基本構想の計画期間は、平成28(2016)年度から平成62(2050)年度までの35年間とします。
  2. 2.基本計画
    基本計画は、基本構想に基づき第1フェーズを平成37(2025)年度、第2フェーズを平成47(2035)年度、第3フェーズを平成62(2050)年度とします。

計画期間

計画策定の流れ

 策定にあたっては、中学生アンケート及び市民意識調査を実施し、その結果をもとに市職員で構成する総合計画策定委員会で総合計画(草案)を取りまとめ、公募市民が参画する2050年の夢づくり会議、意見公募手続(パブリック・コメント)といった過程を経たうえ、総合計画審議会での議論を行いながら、住民と行政が連携して創り出す、協働のまちづくりを形にしました。

  1. 市民意識調査
    市内在住の15歳以上の男女3,000人(無作為抽出)を対象としたアンケートを実施しました。
  2. 中学生アンケート
    市立中学校2年生を対象としたアンケートを実施しました。
    第6次四條畷市総合計画策定のための中学生アンケート及び市民意識調査報告書(PDF:4.8MB)
  3. 2050年の夢づくり会議
    2050年の夢づくり会議
  4. 市民意見公募手続(パブリックコメント)
    6月15日から7月14日の間、第6次四條畷市総合計画(原案)に対する市民意見公募手続(パブリックコメント)を実施しました。
    第6次四條畷市総合計画(原案)に対する意見公募手続(パブリックコメント)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?