ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 保険年金課 > 国民健康保険高齢受給者証について

本文

国民健康保険高齢受給者証について

70歳から74歳までの人に、「国民健康保険高齢受給者証」を1人につき1枚交付しています。医療機関等でお支払いいただく一部負担金は、高齢受給者証に記載している負担割合に相当する額になりますので、受診の際には、国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の両方を提示してください。

高齢受給者証の適用開始について

高齢受給者証の適用は70歳になった翌月(1日生まれの人はその月)からです。

70歳になる人へは、70歳の誕生月(1日生まれの人は誕生月の前月)の月末までに高齢受給者証をお送りします。なお交付に手続きは必要ありません。

高齢受給者証の有効期限

高齢受給者証の有効期限は7月31日まで(※)です。前年の所得状況により一部負担金の割合を判定し、毎月7月に、8月からの新しい証をお送りします。

※7月31日までに75歳になる人は、75歳の誕生日の前日までです。

自己負担割合について

70歳から75歳になる誕生日の前日までの方の自己負担割合は、法律上2割となっていますが、特例措置でこれまで1割負担とされていました。
平成26年度から、この特例措置が見直され、現在では以下のとおりの区分になります。

対象者 高齢受給者証の表記

・145万円未満の課税所得のある、または非課税の70~74歳の被保険者がいる世帯
・誕生日が昭和20年1月2日以降の被保険者及び同一世帯の70歳以上の被保険者の「旧ただし書き所得」の合計が210万円以下の70~74歳の被保険者がいる世帯

2割
・145万円以上の課税所得のある70~74歳の被保険者がいる世帯 3割

なお、3割負担に該当する場合であっても、単独世帯で年収383万円未満の場合や、夫婦二人世帯等で年収520万円未満の場合は申請により2割負担になります(夫婦であっても加入保険が違ったり、どちらかが70歳未満の場合は、単独世帯扱いになります)。