ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

介護予防

介護予防に取り組みましょう

  四條畷市でも全国同様に高齢化が進み、およそ4人に1人が65歳以上となっています。それに伴い要介護及び要支援の認定者数も年々増加しており、なかでも要支援1、2、要介護1の軽度者が半分以上を占めています。軽度認定者の原因疾患は関節疾患などにより体を動かさなくなり、虚弱になる原因と考えられています。
四條畷市では、住み慣れた地域で自分らしく、いきいきと元気に年を重ねていくために、長年地域で「四條畷(なわて)カラコロ体操」 と「健口体操」を行ってきました。ほかにもサロンや趣味活動を通して社会参加することも介護予防の取り組みになります。また、介護保険サービスの一つである通所型サービスC(短期集中型)にも取り組んでいます。

 皆さんも介護予防に取り組んで、健康長寿を目指しましょう!

通所型サービスC(短期集中型)

通所型サービスCとは、筋力低下などにより日常生活が困難な高齢者を対象に、元気な身体を取り戻すため、リハビリ専門職などがサポートしながら一人ひとりにあった運動プログラムを受けられるサービスです。

運動だけでなく、栄養のとり方や口腔ケアについても学ぶことができます。

詳しくは、こちらから<外部リンク>

通所型サービスC(短期集中型)を利用して元気になった四條畷市の人がテレビで紹介されました。