ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 子育て > 保育所・幼稚園 > 新型コロナウイルス感染症に関する保育施設の対応について(令和4年9月8日)

本文

新型コロナウイルス感染症に関する保育施設の対応について(令和4年9月8日)

感染者の療養期間等について(令和4年9月8日)

平素は、本市の教育・保育行政にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
また、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、令和4年9月7日付、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部の事務連絡により、新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養期間が見直されました。
これに基づき、本市の対応について、下記のとおりとしますので、よろしくお願いいたします。
引き続き、健康管理に十分ご注意いただき、感染防止の徹底にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。また、ご家族や園児がPCR 検査を受けることになった場合や、濃厚接触者に特定された場合、感染が確認された場合などは、感染拡大防止対策のため、速やかに保育施設に報告してください。
新型コロナウイルス感染症に関しましては、日々状況が変化しているため、今後の国等の対応方針や感染状況等に応じて、下記内容について変更となる場合があります。

療養期間・感染対策

※令和4年9月7日より適用となり、同日時点で患者の方にも適用
<有症状患者(入院している方を除く)>
・発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後2 4時間経過した場合には8日目から解除が可能です。
・ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、これまでどおり、健康観察期間となるため、検温など健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底が示されています。このため、3 歳児クラス以上で発育状況等からマスクの着用が無理なく可能と判断される園児については可能な範囲で、1 0日目までのマスク着用をお願いします。(熱中症対策など、状況に応じてマスクを外すことがあります。)

<無症状患者>
・検体採取日から7 日間を経過した場合には8 日目に療養解除が可能です(従来から変更なし)。
・一般的には、5日目の抗原定性検査キットによる検査で陰性を確認した場合に、5日間経過後(6日目)に解除が可能とされていますが、保育施設においては一定の接触が避けられず、乳幼児はマスク着用など基本的な感染対策の徹底が難しい面があることから、抗原定性検査キットによる園児の早期解除は行わず、上記のとおり、7日間の療養期間としてください。

【保護者の皆さま】感染者の療養期間等について [PDFファイル/387KB]

 

濃厚接触者の待機期間等について(令和4年7月25日)

平素は、本市の教育・保育行政にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
また、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、令和4 年7 月22 日付、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部の事務連絡により、濃厚接触者の待機期間が改正されました。これに基づき、本市の対応について、下記のとおりとしますので、よろしくお願いいたします。
引き続き、健康管理に十分ご注意いただき、感染防止の徹底にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。また、ご家族や園児がPCR 検査を受けることになった場合や、濃厚接触者に特定された場合、感染が確認された場合などは、感染拡大防止対策のため、速やかに保育施設に報告してください。
新型コロナウイルス感染症に関しましては、日々状況が変化しているため、今後の国等の対応方針や感染状況等に応じて、下記内容について変更となる場合があります。

待機期間

※令和4 年7 月22 日より適用となり、同日時点で濃厚接触者の方にも適用
<同一世帯内で感染者が発生した場合>
・感染者の発症日(無症状の場合は検体採取日)または感染者の発症等により住居内で感染対策を講じた日のいずれか遅い方を0 日目として、5 日間(6 日目解除)とします。
・ただし、同一世帯の中で別の同居者が発症した場合は、改めてその発症日(無症状の場合は検体採取日)を0 日目として起算します。また、診断時点では無症状だったが、その後発症した場合は、その発症日を0 日目として起算します。
<保育施設で感染者が発生した場合>
・感染者との最終接触日(0 日目)から5 日間(6 日目解除)とします。

解除後の感染対策

・これまでどおり7 日間は健康観察期間となるため、7 日間が経過するまでは、検温など健康状態の確認や、感染リスクの高い場所の利用等を避け、マスクを着用すること等の感染対策が必要とされています。このため、3 歳児クラス以上で発育状況等からマスクの着用が無理なく可能と判断される園児については可能な範囲で、7 日目までのマスク着用をお願いします。(熱中症対策など、状況に応じてマスクを外すことがあります。)

抗原定性検査キットによる早期解除

・一般的には、2 日目及び3 日目の抗原定性検査キットによる検査で陰性を確認した場合に、3 日目から解除可能とされていますが、保育施設においては一定の接触が避けられず、乳幼児はマスク着用など基本的な感染対策の徹底が難しい面があることから、抗原定性検査キットによる園児の早期解除は行わず、上記のとおり、5 日間の待機期間としてください。

その他

・症状がある場合は、速やかに医療機関を受診してください。
・厚生労働省のポスターを添付しますので、ご参考ください。
(厚生労働省)家族が新型コロナウイルスに感染した時に注意したいこと [PDFファイル/585KB]
(厚生労働省)お子さまが新型コロナウイルスに感染した際の対応について [PDFファイル/760KB]

【保護者の皆さま】濃厚接触者の待機期間等について [PDFファイル/390KB]

 

新型コロナウイルス感染症対策に係る今後の対応について(令和4年3月4日)

平素は、本市の教育・保育行政にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
また、新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、オミクロン株による急激な感染拡大は、ここ3週間ほど、新規陽性者数が減少傾向にあり、臨時休園期間は、1月は平均約6日間でしたが、2月は平均約3日間と短くなっております。しかしながら、園再開後まもなく再び休園となる場合もあり、保護者の皆さまの就労等への影響など、ご負担が懸念されるところです。
このような状況を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策に係る今後の対応について、下記のとおりといたしますので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

1 休園基準の変更(クラス閉鎖の導入)について

(1)園児または職員に感染が確認された場合(変更)

  • 園児または職員に感染が確認された場合は、園と協議の上、疫学調査や検査、消毒作業の実施、保育運営上の体制整備等のため、臨時休園が必要かどうかや、休園に必要な期間及び範囲を判断します。
  • 臨時休園を実施する場合は、園児の年齢や感染者数、最終接触日、接触状況、保健所によるスクリーニング検査の実施の有無、異年齢クラスでの合同保育の実施の有無、体調不良や検査の結果待ちの人の有無、きょうだい関係などについて、総合的に園と相談した上で、クラス閉鎖(一部休園)あるいは全面休園とします。
  • 特に、クラス別の保育室で保育を行っていない場合(小規模保育施設等)や、複数のクラスで複数の感染が確認された場合など、複数のクラスに感染の影響が及ぶ場合は、クラス閉鎖とすることなく、即、全面休園となる場合があります。
  • クラス閉鎖をしていた場合においても、園内で感染が拡大した場合は、全面休園に移行する場合があります。
  • 休園期間は、3日間を基本に考えます。
  • スクリーニング検査の実施により、検査の対象となった園児のきょうだいについては、検査完了まで登園を控えていただくようお願いします。

(2)園児または職員が濃厚接触者に特定された場合(変更無し)

  • 園児または職員が濃厚接触者に特定された場合は、自宅待機が必要とされる期間、登園または勤務を避けていただきます。

(3)保育料について(変更無し)

  • 引き続き、園児の感染療養中や濃厚接触者の自宅待機期間中、並びに臨時休園期間中の保育料につきましては、日割り計算による減免を行います。

2 家庭保育協力期間の終了について

オミクロン株による急激な感染拡大は、ここ3週間ほど、新規陽性者数が減少傾向にあることや、上記1のとおり、休園基準を変更することに伴い、感染が確認された場合においても休園の範囲をこれまでより一定狭くすることができることから、家庭保育の協力期間を1月20日(木曜日)~3月6日(日曜日)として、予定どおり3月6日(日曜日)で終了いたします。当該期間に家庭保育の協力をいただいた方については、保育料の減免を行います。
保護者の皆さまにおかれましては、長期間のご協力、誠にありがとうございました。

3 引き続きの感染防止の徹底について

引き続き、健康管理に十分ご注意いただき、感染防止の徹底にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。
なお、ご家族や園児がPCR検査を受けることになった場合や、濃厚接触者に特定された場合、感染が確認された場合などは、感染拡大防止対策のため、速やかに保育施設に報告してください。

4 その他

新型コロナウイルス感染症に関しましては、日々状況が変化しているため、今後の国等の対応方針や感染状況等に応じて、上記内容について変更となる場合があります。

040304【保護者の皆さま】新型コロナウイルス感染症対策に係る今後の対応について [PDFファイル/418KB]

 

市内認可保育施設の対応について(令和3年9月30日)

保護者の皆さまには、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。
令和3年10月1日(金曜日)以降の市内認可保育施設の対応については、次の通りです。

※今後の国や大阪府の対応方針、状況の変化に応じて、変更が生じる場合があります。

1 通常通りの開園

市内認可保育施設は、原則通常通り開園します。

2 お子さんの発熱時等に係る対応について

引き続き、感染防止の徹底にご協力ください。

・保育施設内での感染拡大を防止するためには、早期の状況把握が重要です。ご家族や園児がPCR検査を受けることになった場合や、濃厚接触者に特定された場合、感染が確認された場合などは、速やかに保育施設に報告してください。(家庭保育等でお休み中の場合も保育施設に連絡してください。)

登園前には必ずお子さんの熱を測り、ご自宅で体調を確認してください。発熱や呼吸器症状(咳、息苦しさ等)などの風邪症状がある場合は、利用をお断りしますので、登園しないで自宅でお休みしてください。また、過去に発熱等があった場合は、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状(咳、息苦しさ等)が改善傾向となるまでは、同様に利用をお断りしますので、登園しないでお休みしてください。
 保護者の方も、発熱や呼吸器症状のほか、体調が悪い方は送迎しないでください。

・園児に発熱等がなくても体調が悪い場合や、ご家族の方に発熱等の症状がある場合は、施設の利用をお控えいただきますよう、お願いいたします。

・園児・ご家族に発熱等の風邪症状が見られる場合は、かかりつけ医等の身近な医療機関を受診してください。

・こまめな手洗い・消毒や咳エチケットの実施、定期的な換気、日常生活での3密の回避、十分な睡眠や食事などを心がけてください。

・感染者や濃厚接触者、またその家族に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことのないよう、お願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)