ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 下水道課 > 公共下水道事業

本文

公共下水道事業

概要

四條畷市では、昭和46(1971)年から計画の策定を始め、昭和61(1986)年から順次供用(トイレの水洗化等)を開始しています。平成12(2000)年には人口普及率が99%を超え、事業は概成しています。
下水道を整備している地域は下図の赤い斜線で塗りつぶされた地域です。この地域は四條畷市公共下水道整備計画で定められた排水処理区域です。それ以外の地域では、四條畷市生活排水処理基本計画に基づき、合併浄化槽で排水を処理しています。

排水処理区域図

下水道の分類

合流式と分流式

下水道には上図のとおり、汚水と雨水を同じ下水道に流す合流式、汚水と雨水を別々の下水道へ流す分流式があります。
四條畷市では、下図のとおり合流式・分流式の地域を分けて整備しています。

合流分流区域図

排水設備の管理

市で管理している下水道は下図のとおり公共桝から下流側です。
公共桝よりも上流側となるトイレ・キッチン・宅内桝の詰まりは個人での管理・清掃をお願いしています。

排水設備の管理について

下水の放流先

市西部地域の下水道は、大阪府下水道に入り鴻池水みらいセンターへ流れ込みます。そこで下水をきれいにして寝屋川に放流しています。
市東部地域の下水道は、市の下水道から田原処理場へ流れ込みます。そこで下水をきれいにして戎川に放流しています。