ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 健康・医療 > 感染症対策 > 大阪府における感染拡大防止に向けた取組みについて

本文

大阪府における感染拡大防止に向けた取組みについて

大阪府は、令和2年7月28日に開催しました大阪府新型コロナウイルス対策本部会議(以下「府対策本部会議」といいます。)にて8月1日から8月20日までの感染拡大防止に向けた取組みを決定しました。四條畷市では、7月29日に開催しました四條畷市新型コロナウイルス対策本部会議にて、大阪府の方針を踏まえて取り組むことを決定しました。

新型コロナウイルスに感染しない、または感染させないためにも、感染拡大を予防する取組みへの市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

新しい生活様式(内部リンク)

また、厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」への登録や、イベント参加や店舗を利用される場合は大阪コロナ追跡システムでのQRコードの登録をお願いいたします。

(「COCOA」は、iPhoneをお使いの人は「App Store」、Androidをお使いの人は「Google Play」からダウンロードできます。)

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

大阪コロナ追跡システムについて(大阪府ホームページ)<外部リンク>

府民の皆さまへのお願い

大阪府における感染拡大防止に向けた取組みの概要(令和2年7月28日)

 令和2年7月28日開催「第22回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」<外部リンク>において、大阪モデルにおける『イエローステージ(警戒)』の対応方針に基づく要請内容を決定しました。

期間

令和2年8月1日から8月20日(ただし感染拡大の状況に応じて判断)

  府民の皆さまへのご協力のお願い

  1. 5人以上の宴会・飲み会は控える。
  2. 3密で唾液が飛び交う環境を避ける。
  3. 業種別ガイドラインを遵守(感染防止宣言ステッカーの導入)していないバー、クラブ、キャバクラ、ホストクラブ等の夜の夜の街のお店の利用を自粛する。
  4. 重症化や死亡リスクの高い高齢者、基礎疾患のある方及びその家族は、感染リスクの高い環境の施設(上記の店舗等)を避ける。

イベントの開催について(府主催(共催)のイベントを含む)

【参加人数の上限】

屋内・屋外とも5,000人以下

【収容率】 

屋内:収容定員の半分以内の参加人数とすること
屋外:人と人との距離を十分に確保できること

※全国的な移動を伴うイベントまたはイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントを開催する際には、そのイベントの開催要件等について、大阪府に事前に相談すること。

※適切な感染予防策が実施されていないイベントや、リスクへの対応が整っていないイベントは、開催自粛を要請することも検討。

【府民の皆様へのお願い】感染拡大防止に向けた取組み(外出・イベントの開催・施設の使用・学校等について) (大阪府ホームページ)<外部リンク> 

イエローステージ(警戒)2への移行の考え方

次のいずれかに当てはまる場合には、イエローステージ2に移行します。

1.重症または軽症中等症のいずれかの病床使用率が以下の基準に達した場合。

    重症病床:おおむね35%

    軽症中等症病床:おおむね50%

2.1.の基準に達しない場合でも、国や他の大都市と抗議して共同で施設の使用制限等を実施する場合。

大阪府における感染拡大防止に向けた取組みの概要(令和2年5月28日)

1)区域  大阪府全域

2)期間  令和2年5月30日から令和2年7月31日まで

実施内容

外出について

府民に対し、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践の継続について協力を要請。

新しい生活様式」の実践例

  1. 「三つの密」の回避
  2. 身体的距離の確保(人との間隔はできるだけ2m確保)
  3. マスクの着用(症状がなくてもマスクを着用。ただし、人との間隔が2m以上ある場合は、取り外してもかまわない。)
  4. 手洗い(家に帰ったらまず手や顔を洗う。手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う。)
  5. 在宅勤務(テレワーク)等の取組みを推進
  6. 「大阪コロナ追跡システム」への登録・利用 など

イベントの開催

適切な感染防止対策の実施と、感染者発生に備えた「大阪コロナ追跡システム」導入の協力を要請。

【参加人数の上限】

 
6月19日~7月9日 7月10日~7月31日
  • 屋内・屋外:1,000人以下
  • 全国的な人の移動を伴うイベント(プロスポーツ等)は無観客で開催
  • 屋内・屋外:5,000人以下

【収容率】

  1. 屋内:収容定員の半分以内の参加人数とすること
  2. 屋外:人と人との距離を十分に確保すること

適切な感染予防対策が実施されていないイベントや、リスクへの対応が整っていないイベントは、開催自粛を要請することも検討します。

施設の使用について

多数の人が利用する施設の管理者等に対し、以下の内容について協力を要請しました。 

全国でクラスターが発生した施設
施設区分 施設内訳 要請内容
遊興施設 キャバレー、ナイトクラブ等の接待を伴う飲食店、スナック、バー、パブ、カラオケボックス、ライブハウス

・感染拡大予防ガイドラインを遵守することを条件に休止要請を解除。

・不特定多数の者が利用する施設には、「大阪コロナ追跡システム」の導入や施設利用者の名簿作成などの追跡対策の実施を要請。

→今後クラスターが発生した施設に対しては、特措法第24条第9項に基づき、施設の使用制限等を要請することも検討。

運動施設、遊技施設 スポーツクラブ
文教施設、大学・学習塾等、劇場等、集会・展示施設など
施設区分 施設内訳 要請内容
文教施設 学校(大学等を除く。)

・感染拡大予防ガイドラインを遵守することを条件に休止要請を解除。

・不特定多数の者が利用する施設には、「大阪コロナ追跡システム」の導入を要請。

→今後クラスターが発生した施設に対しては、特措法第24条第9項に基づき、施設の使用制限等を要請することも検討。

大学・学習塾等 大学、専修学校、学習塾 など
劇場等 劇場、観覧場、映画館 など
集会・展示施設 集会場、公会堂、展示場、多目的ホール、文化会館、貸会議室
博物館等 博物館、美術館、図書館 など
ホテル又旅館 ホテルまたは旅館(集会の用に供する部分に限る。)
商業施設 生活必需物資の小売関係等以外の店舗、生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗
遊興施設 ダンスホール、ネットカフェ、漫画喫茶 など
運動施設、遊技施設

体育館、屋内水泳場、ボウリング場、屋内運動施設(スポーツクラブを除く)、マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター など

社会生活を維持する上で必要な施設及び社会福祉施設など
施設区分 施設内訳 要請内容
医療施設 病院、診療所、薬局 など

・感染拡大予防ガイドラインを遵守することを条件に休止要請を解除。

・不特定多数の者が利用する施設には、「大阪コロナ追跡システム」の導入を要請。

 

生活必需販売物資販売施設 食料品売場、百貨店、スーパーマーケット等における生活必需物資売場、コンビニエンスストア など
食事提供施設 飲食店(居酒屋を含む。)、料理店、喫茶店 など
住宅、宿泊施設 ホテルまたは旅館、共同住宅 など
交通機関等 バス、タクシー、レンタカー、鉄道、物流サービス(宅配等) など
工場等 工場、作業場 など
金融機関・官公署等 銀行、保険、官公署、事務所 など
社会福祉施設等

保育所、放課後児童クラブ(学童保育)、介護老人保健施設その他これらに類する福祉サービスまたは保健医療サービスを提供する施設 など

その他 メディア、葬儀場、銭湯、獣医、理美容、ランドリー、ごみ処理関係 など

ただし、「社会生活を維持する上で必要な施設」については、「新型コロナウイルス感染症の基本的対処方針」(令2年5月25日改正)を踏まえた整理

大阪モデルに基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方

大阪府は、令和2年5月5日に開催しました府対策本部会議で、今後の緊急事態措置については、府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方【大阪モデル】を踏まえた自粛要請または解除を実施することを決定しました。

府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』(大阪府ホームページ)<外部リンク>

 

本市の新型コロナウイルス感染症の対策の詳細については、下記の関連リンクをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)