ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

住宅支援資金貸付制度

母子・父子自立支援プログラムの策定を受けて、就職を目指す人、転職を目指す人、自立に向けて意欲的に取り組んでいるひとり親の人に対し、家賃の支払いを支援する貸付けを実施します。

貸付けを希望する場合は、プログラム策定の申し込みが必要ですので、まず子ども支援課に相談してください。

対象者

以下の(1)~(5)の条件をすべて満たす人が対象です。  

  1. 四條畷市に住民登録をしている母子家庭の母または父子家庭の父
  2. 原則として児童扶養手当の支給を受けている人(同等の所得水準を含む)であって、母子・父子自立支援プログラム(※)の策定を受けている人
  3. 経済的援助を必要としている人
  4. 貸付けを受けた日から1年以内に「就職」又は「プログラム策定時より高い所得が見込まれる転職」をする意思がある人
  5. 4に定める就職又は転職後、1年間引き続き就業を継続する意思がある人 

  ※令和3年4月1日以降かつ1年以内に策定されたプログラム策定に限ります。

 

貸付額

入居している住宅の家賃の実費(月額上限4万円、最長12か月まで)

※他の支援制度(住居確保給付金など)の支援を受けている場合は、家賃額と他の支援制度による支援を受ける額の差額が貸付額の上限となります。貸付利子は、無利子です。

 

返還免除の要件

貸付けを受けた日から1年以内に就職又はプログラム策定時より高い所得が見込まれる転職等をし、1年間引き続き就業を継続したときは、返還が免除されます。

 

申請先・問い合わせ先

  大阪府立母子・父子福祉センター

(大阪府母子家庭等就業・自立支援センター・大阪府母子寡婦福祉連合会)

電話06-6748-0263 

※相談日時・ご予約は、下記の大阪府母子寡婦福祉連合会ホームページをご確認ください。

大阪府母子寡婦福祉連合会ホームページ<外部リンク>

 

母子・父子自立支援プログラムの策定

 児童扶養手当受給者に対し、生活や子育て等の状況、求職活動や職業能力開発の取組等の状況、自立・就業に向けた課題や阻害要因等を把握することにより、自立目標を設定させていただき、個々のニーズに応じた子育て・生活支援や就業支援等の支援メニューを組み合わせたプログラムを策定して支援を実施します。母子・父子自立支援員が面談させていただきます。

相談日時

   月曜日~金曜日 午前9時00分から午後4時30分まで

   ※あらかじめ、子ども支援課へ電話にてご予約のうえ、ご来庁ください。