ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ひとり親家庭等の自立支援相談

ひとり親家庭の自立支援のための相談窓口

 ひとり親家庭の人からの相談に応じ、母子・父子自立支援員が自立支援のための情報提供を行っています。また、福祉資金の貸付、就労等の相談も実施しています。

 ※あらかじめ、電話にて子ども未来部子ども支援課までお問い合わせください。

相談日 

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日午前9時00分から午後4時30分まで(事前予約制)

 

JR通勤定期乗車券の特別割引制度

 児童扶養手当の支給を受けている世帯の人がJR通勤定期乗車券を購入する場合、証明書を添えて申し込むと3割引で購入できます。ただし、次の場合は対象外となります。

 ※事前の申請手続きが必要ですので、詳しくは子ども未来部子ども支援課までお問い合わせください。

 特別割引制度の対象外

  1. 通学定期券
  2. 会社(事業所)から支給される交通費や通勤手当がこの制度の購入額を上回る場合(全額支給されている場合など)
  3. 児童扶養手当が全部停止(支給がない)の場合

持ってくるもの

  1. 顔写真 2枚(直近6ヶ月以内に撮影した縦2月5日cm×横2cm)
  2. 印鑑
  3. 勤務先の所在地、電話番号がわかるもの
  4. 児童扶養手当証書

母子・父子・寡婦福祉資金貸付制度

 ひとり親家庭及び寡婦のみなさんの経済的自立を図るため、子どもの修学や就学支度、親自身の技能習得などに資金を貸し付ける制度です。

  ※あらかじめ、電話にて子ども未来部子ども支援課までお問い合わせください。

相談日 

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日午前9時00分から午後4時30分まで(事前予約制)

 

府営住宅の福祉世帯(ひとり親家庭等)向け募集

 ひとり親家庭で住宅にお困りの方については、府営住宅の入居募集を一般世帯向け募集とは別に行っています。
 なお、収入基準、家賃等は一般の府営住宅と同じです。
 配偶者の暴力などにより婚姻関係が事実上破綻している場合などで、ひとり親家庭に従う状況にある世帯として所定の機関の証明を受けられる場合も該当します。
 総合募集は偶数月に行っておりますが、それ以外の期間につきましては、下記にお問い合わせください。

申込用紙配布場所

 四條畷市役所、府民情報プラザ(府税事務所)、大阪府住宅供給公社各管理センター、大阪府庁別館(住宅相談室)など

問い合わせ先

大阪府住宅供給公社

大阪府住宅供給公社ホームページ<外部リンク>

 

大阪府母子・父子福祉センターによる相談

専門の相談員が生活相談から仕事の紹介まで一貫した就業支援を行います。離婚前相談、弁護士による法律相談、養育費相談にも応じています。相談可能時間がそれぞれ異なり、予約が必要な場合があります。事前にお問い合わせください。

相談日

月曜日から土曜日まで 午前10時から午後4時まで(要予約:保育あり)

予約申し込み・問い合わせ先

 大阪府母子・父子福祉センター(大阪府母子寡婦福祉連合会) 電話 06-6762-9498・9995

大阪府母子・父子福祉センターホームページ<外部リンク>