ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 戸籍・住民票 > 証明書 > 郵便による戸籍関係証明・住民票の写し等の請求

本文

郵便による戸籍関係証明・住民票の写し等の請求

戸籍の全部事項証明(戸籍謄本)等と住民票の写しは郵便で請求をすることができます。
請求をする場合は、下記説明をご覧のうえ請求してください。

なお、住民票はインターネットから取り寄せることが可能です。                                       詳しくは、「住民票のインターネット請求について」をご覧ください。

※印鑑登録証明書は郵便での請求はできません。
※戸籍は、本籍地のある役所にしか保管しておりません。本籍地の役所にご請求ください。

必ず送付するもの

1~4のものは必ず送付してください。

 

1.申請書

申請書を下記からダウンロード、印刷していただき必要事項をご記入ください。

2.本人確認書類の写し

本人確認できる書類(免許証、保険証など)の写しを同封してください。
3.手数料 郵便局で定額小為替を購入し、無記入で同封ください。
手数料は各証明手数料をご覧ください。
4.返信用封筒 申請者の住民登録している住所、氏名を記入し、切手を貼付してください。
※送付先は原則、住民登録している住所のみとなります。
※書留や速達を希望される場合は、必要分の切手を貼付してください。

 【戸籍の場合】必要に応じて送付するもの

 
関係のわかる戸籍の写し 請求者と必要な方との関係が四條畷市の戸籍のみではでわからない場合に必要です。
委任状 直系親族(祖父母・親・子・孫など)以外の方の戸籍を取得する場合に必要です。
※きょうだいは直系親族ではありませんので委任状が必要です。

委任状 [PDFファイル/306KB]

【住民票の場合】必要に応じて送付するもの

 
委任状

世帯が同一でない人が住民票を取得する場合に必要です。

委任状 [PDFファイル/306KB]

送付先住所

〒575-8501 四條畷市中野本町1番1号 市民課

よくあるお問い合わせ

Q.引っ越してすぐのため、本人確認書類(免許証など)の住所変更をしていないが、新住所に送ってほしい場合どうすればいいか?

A.新住所に住んでいることを証明できる公共料金の領収書などの写しと、住所変更のされていない本人確認書類(免許証など)の写しの2点をに送付してください。

Q.【戸籍の場合】出生から死亡までの連続した戸籍が必要ですが、手数料はいくらでしょうか?

A.出生から死亡までの戸籍の通数は人によって異なるため、事前に正確な金額はお伝えすることが出来ません。一般的には3,000円分の定額小為替を送付いただくことが多いです。なお、送付いただいた金額が実際の手数料額より多かった場合は、戸籍と一緒に返送、不足した場合は電話連絡のうえ、不足分の金額の定額小為替を追加で郵送いただくなどの対応をしています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?