ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 人事室 > 令和元年度四條畷市職員採用試験のご案内(1月試験)(募集は終了しました)

本文

令和元年度四條畷市職員採用試験のご案内(1月試験)(募集は終了しました)

1.職種・受験資格・採用予定人員

職種

受験資格

採用予定

人数

年齢要件

資格等

事務職A

(建築)

昭和50年4月2日以降に生まれた人

次のいずれかに該当する人

1.一級建築士の資格を有する人

2.高校、高等専門学校、短期大学または大学において建築に関する専門課程を修了し卒業した人

(令和元年度中の卒業見込みの人を含む。)

1人

事務職B

(社会福祉士)

昭和50年4月2日以降に生まれた人

社会福祉士の資格を有する人

(令和元年度中の資格取得見込みの人を含む。)

(学歴は問いません)

1人

※ 採用予定人数は変更する場合があります。

2.試験詳細について

試験の詳細については、令和元年度四條畷市職員採用試験実施要項を申込前に必ずご確認ください。

実施要項ダウンロード

3.受験受付について

受付期間

令和元年12月13日(金曜日)10時~令和2年1月6日(月曜日)正午

申込方法

実施要項をよくご確認のうえ下記の申込フォーム(リンク)からご応募ください。

※時間を過ぎると受付できませんので余裕をもって申込を完了してください。

※受付は終了しました。

配布期間及び場所

期間

 令和元年12月13日(金曜日)~令和2年1月6日(月曜日) 

 (土・日曜日、祝日、年末年始の12月29日から翌年の1月3日までを除く)

場所

  1. 四條畷市役所 本館2階人事室
  2. 田原支所

注意事項

  • インターネット申込に係わる亡失等のトラブル及び予期せぬトラブルには、一切責任を負いませんのでご了承ください。
  • 通信トラブル等も考慮し、時間に余裕をもって申込を行ってください。
  • 申込期間の終了間際は混雑が予想されます。混雑等によるデータ送信の遅延により受付期間中に処理できない場合は受付を認めませんので、十分余裕をもって申込を行ってください。
  • すべての職種において試験中に面接方式を変更することができませんので、十分確認して申込を行ってください。
  • 申込後に「四條畷市職員採用試験申込確認メール」が1日以上経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダを必ず確認し、メールが届いていないことを確認したうえで人事室へご連絡ください。
  • 申込後のメールアドレスの変更は受け付けていませんのでご了承ください。
  • 申込内容に虚偽があった場合は、合格した場合でも合格を取り消すことがありますので、内容を十分確認の上、申込を行ってください。

4.先輩職員からのメッセージ

四條畷LIFE8月号に掲載しています。

また、マーケティング監ブログにも掲載しています。

5.受験申込・採用・勤務条件・待遇等についてのQ&A

Q:採用試験を受験するにあたり、学歴などの要件はありますか?

A:受験資格(年齢や資格など)を満たしている人であれば、学歴に関係なく受験することができます。

Q:日本国籍を有しない人も受験できますか?

A:日本国籍を有しない人も受験することができます。

Q:採用試験を受験するにあたり、国籍、性別または年齢などによる有利・不利はありますか?

A:国籍、性別または年齢などによる有利・不利はありません。
すべての人に対し、平等な競争試験を実施しています。

Q:過去の試験問題は公表していますか?

A:申し訳ありませんが、過去の試験問題は公表していません。

Q:採用試験に合格すると必ず採用されますか?

A:最終合格後、本人が採用を辞退した場合や必要な資格・免許を取得できなかった場合などを除いて、例年全員を採用しています。

Q:勤務時間・休暇制度はどのようになっていますか?

A:勤務時間は、月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分までの勤務(正午から午後0時45分までは休憩時間です。)が基本となっています。
年次休暇は1年度につき20日あり、使わなかった分は20日を限度に翌年度に繰り越します。
また、年次休暇以外に、ボランティア活動への参加・結婚などの場合に認められる特別休暇制度や子を養育するための育児休業制度などがあります。

Q:希望した部署に配属されますか?また、配属や異動のしくみを教えてください。

A:新規採用職員については、多様な経験と幅広いものの見方や考え方、また、知識を身に付けてもらうといった人材育成の観点から配属を行っています。
なお、職員の配属や人事異動は、本人の適性・能力などを総合的に判断し実施しています。

Q:四條畷市役所内での男女共同参画についての取組みについて教えてください。

A:男女共同参画のモデル職場となるよう旧姓使用の制度化を行うなど、男女が共に働きやすい職場環境の整備への取組みを行っています。
また、育児や介護に係る休暇等の制度の充実を図るなど、男女が共に仕事と家庭生活の両立を図ることができるような職場づくりを目指しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)