ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 人事課 > 職員の処分について

本文

職員の処分について

職員の処分について

令和4年7月14日(木)及び20日(水)次のとおり処分しました。
1 対象者
  理事兼総務部長 55歳 男性、理事兼健康福祉部参事(くすのき広域連合) 54歳 男性、議会事務局長 55歳 男性、
2 地方公務員法による処分
地方公務員法第29条第1項第2号による懲戒処分
3 処分内容
戒告
4 処分理由
  管理監督者として指導監督に適正を欠いた。
  【詳細】教育委員会事務局元職員学校給食センター所長(以下「当該職員」という。)による平成22年度分から令和元年度分までの業務上横領及び収賄、地方公務員法違反における非違行為があった期間対象者は当該職員の上司として所掌事務を掌理し当該職員を指揮監督する立場にありながら管理監督責任を果たせず指導監督に適正を欠いた。
  

市長コメント:市民への信頼を損なう事件であり、深くお詫びを申し上げます。今回の事案を重大に受けめ
法令遵守及び綱紀粛正の徹底を図ってまいります。

令和4年7月20日(水)次のとおり処分しました。
1 対象者
  都市整備部 都市政策課職員 47歳 男性
2 地方公務員法による処分
地方公務員法第29条第1項第1号及び第2号による懲戒処分
3 処分内容
戒告
4 処分理由
  正当な理由なく10日以内の勤務を欠いた。
  【詳細】令和3年度に病気休暇及び年次有給休暇の全てを取得した状況において、令和4年3月に警察署へ交通事故届を提出するため、始業前に上司の許可を得て届出を行った。その後上司の許可なく帰宅し、この時から上司からの指示で出勤するまでの間正当な理由なく欠勤した。