ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政 > 人事行政 > 市職員の職場における感染症対策等の徹底

本文

市職員の職場における感染症対策等の徹底

時差勤務の実施等

 令和2年2月18日付で大阪府から新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組みを進めるため、時差勤務の範囲を拡大する方針が示されました。本市においてもその趣旨に則り、感染拡大防止を目的に通勤時間帯の混雑緩和が見込める場合において時差出勤を活用します。

職員の職場における感染症対策等の徹底

 市役所における来庁者、他職員への感染拡大防止を目的に、市職員の出勤前の体温測定を徹底し、発熱がある場合は自宅療養とします。
 また、高齢者、障がい者、子どもを対象とした業務を行う職員については、マスクの着用を徹底するとともに、関連する施設等の民間従事者についてもマスクの着用をお願いします。なお、民間の放課後等デイサービス事業所及び保育所等の子どもを対象とする施設従事者には、必要に応じて市からマスクを提供します。

交代制勤務等について(令和3年2月4日更新)

令和3年1月13日付けで「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が発出され、本市におきましても「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき、感染症のまん延防止のため、出勤者数を削減すべく、令和3年2月8日(月)から3月7日(金)までの間、交代制勤務、在宅勤務及び時差勤務等を実施いたします。

なお、上記の取組を実施するにあたり、期間中はBCP(業務継続計画)を発動し、業務量自体を最大限軽減いたしますので、窓口業務等におきましては、通常よりお待ちいただく場合や、処理に日数を要するなど、ご不便をおかけすることもございます。お急ぎの場合等は事前にご連絡いただくなどのご対応をお願いいたします。

継続したサービスの確保や市民の皆さまへの感染症まん延防止に向けた取組でありますので、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報