ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 特別定額給付金プロジェクトチーム > 特別定額給付金(対象者1人10万円)に関するよくある質問

本文

特別定額給付金(対象者1人10万円)に関するよくある質問

新型コロナウイルス感染症の行政支援に関する総合窓口にいただいた特別定額給付金(1人につき10万円)に関する質問にお答えします。窓口にお越しになる前にお読みください。(5月5日時点)

(1)概要 (2)受取りについて (3)DV(家庭内暴力)等の被害にあっている方へ (4)代理申請について (5)その他

(1)特別定額給付金(10万円)の概要

今回の特別定額給付金(10万円)の内容は?

原則、令和2年4月27日(基準日)時点で住民登録のある人に対して、一人あたり10万円を給付するものです。支給に関する事務は、原則、住民登録のある市町村が行います。

給付対象は?

原則、令和2年4月27日(基準日)時点に、四條畷市に住民登録のある人が対象です。
外国籍の人(ただし、短期滞在者や不法滞在者は対象外)や生活保護受給者受刑者なども対象となります。

※ 生活保護受給者への本給付金は、収入として認定しません。

金額は?

給付対象者、一人当たり10万円が給付されます。
原則、世帯主が申請者となり他の世帯構成員の分もまとめて申請し、世帯主の口座へ振り込まれます。
例)世帯主・配偶者・子2人の4人家族の場合
世帯主が4人分(10万円×4人=40万円)をまとめて申請し、市から世帯主の口座へ全額が振り込まれます。

申請書以外に用意すべき書類は?

申請方式によって異なります。以下をご参照ください。

【1.郵送申請】
(1)本人確認書類のコピー(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
(2)振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの画面のコピーなど、金融機関名、口座番号、口座名義人がわかるもの)

【2.オンライン申請】
(1)申請者(世帯主)のマイナンバーカード
(2)振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの画面のコピーなど)
  ※電子署名により本人確認を実施するので本人確認書類は不要です

申請はどうするの?

申請方法は2つあります。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、非接触での申請・給付を行いますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

【1.郵送申請】
5月18日に、市から申請書を郵送します。(5月末までに届かない場合はお問い合わせください。)
申請書に必要事項を記載し、以下の書類を同封のうえ、返信用封筒にて市役所まで返送ください。
<同封物>
(1)本人確認書類のコピー(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
(2)振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの画面のコピーなど、金融機関名、口座番号、口座名義人がわかるもの)

【2.オンライン申請】
5月1日よりマイナンバーカードを使用した「オンライン申請(マイナポータル)」<外部リンク>がオープンしています。
こちらより申請ください。
※オンライン申請をされる場合は、市から郵送された申請書は必要ありません。
<必要なもの>
(1)申請者(世帯主)のマイナンバーカード
(2)振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの画面のコピーなど)
  ※電子署名により本人確認を実施するので本人確認書類は不要です

※ 10万円の給付(振込)は、最短で5月末となります。

申請はいつからいつまで?

5月18日に、市から郵送にて申請書をお送りします。
郵送での申請開始から3か月後の8月18日に申請終了となります(郵送した申請書に終了時期を記載しています。)

振り込まれるのはいつ?

少しでも早く振込ができるよう、システム改修などを急いでおります。
市としては、オンライン申請・郵送申請ともに、最短で5月末ごろから順次振り込みを開始する予定です。

オンラインによる申請と郵送による申請どちらが早く給付されるのですか?New!

オンラインによる申請及び郵送による申請どちらの申請方法に関わらず、原則として 本市に到達したものから、給付に向けた処理を進めてまいります。
ただし、審査を行うなかで、申請内容や添付書類に不備等があると、給付するのが遅れてしまいます。
また、受付開始当初は、申請が殺到することから、一定の期間を頂戴することになります。

古い銀行名の通帳しか持ってないのですが口座確認書類として使えますか?

合併前等の旧名の通帳であっても、口座番号と支店名が変わりなければ口座確認書類としてお使いいただけます。金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる部分の写しをご用意ください。

(2)受取りについて

給付金の受け取り方は?

新型コロナウイルス感染症拡大防止に注意し、「密閉空間、密集場所、密接場面」の三密を避けて給付を行うため。申請書に記載された口座へ申請額を振り込みます。口座が無いなどやむを得ない場合を除いて、窓口での現金給付は原則行いません。

同居している人がいるが、別々に給付金を受け取りたい。

同居でも世帯を分けて住民登録している場合は、それぞれの世帯主あてに申請書が送付されます。
なお、同一世帯で住民登録している場合は、世帯主あて申請書が送付され、まとめて給付を行います。

別居していて住民票も別だが、離婚はしていないので戸籍は一つ。別々に給付金を受け取れるのか?

基準日(4月27日)時点で住民登録している世帯主に申請書が送付されます。すでに住民票を分けているなら、各々の世帯主に対し、申請書が送付されます。

離婚したが、住民票は元夫の同居人として記載されている。給付金はもらえるのか。

給付対象となりますが、世帯主にまとめて給付されます。

(3)DV(家庭内暴力)等の被害にあっている方へ

家庭内暴力などが原因で、住民登録とは異なる場所に住んでいる。

総務省「特別定額給付金に関する各種ご案内」<外部リンク>をご覧ください。
このページでも解決できない場合などは、窓口までご相談ください。

(4)代理申請について

認知症が進行する父親が世帯主だが、申請書を記入できない。ほかの家族が申請することはできるか?

親族による代理申請は可能か? 

同居親族の場合は、代理申請、および受給が可能です。
ただ申請書は、4月27日(基準日)時点に住民登録のある世帯主あてに送付します。

1.代理申請・受給ができる者の範囲
(1)令和2年(2020年)4月27日時点での申請・受給対象者の属する世帯の世帯構成者
(2)法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人など)
(3)親族その他の平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている者等で市が特に認める者

2.代理人の本人確認及び本人と代理申請する者との間の代理関係の確認
代理人が給付金の受給の申請をするときは、この代理人は申請書に加え、原則として委任状(申請書の委任欄への記載を含む。)の提出が必要です。
また、この代理人の本人確認ができなかった場合または本人と代理申請・受給する者との間の代理関係を確認できなかった場合には、申請を受け付けられません。

※市から、本人と代理人との関係を説明する書類を求める場合があります。

(5)その他

市内に住む大学生で実家の住所からの転出はしたが、転入届はまだ出せていないまま4月27日(基準日)を越えてしまった。

前住所地での転出届の「転出予定日」が4月28日以降であれば、前住所地からの給付になります。
​前住所地での転出届の「転出予定日」が4月27日までの場合、本市に転入届を提出することで本市での給付対象となります。

今回の特別定額給付金(10万円)は課税されるの?

非課税になります。

住民票がないのですが給付は受けられますか?

居住が安定していないいわゆるホームレスの人や事実上ネットカフェに寝泊まりしている人でも、受け取れる可能性があります。

・令和2年4月27日現在で住民基本台帳に記録されている人は、住民登録のある市区町村から給付の対象となります。
・いずれの市区町村にも住民登録のない方は、現に居住している市区町村において住民登録の手続きを行い、住民票が作成されれば、給付の対象となりますので、詳しくは市役所までお問い合わせください。

このほかにも総務省「申請方法に関するよくある質問」<外部リンク>をご参照ください。