ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

保健室より

独立行政法人日本スポーツ振興センター

 学校の活動中にケガをして病院で治療を受けたときは、学校に連絡して下さい。日本スポーツ振興センターより災害給付金が支給されます。
 日本スポーツ振興センターは、学校の管理下で発生した事故による負傷と、給食による中毒、その他の疾病(日射病など)の医療費と、これらの負傷・疾病のために障害が残ったときの災害見舞金、及び死亡見舞金を支給するものです。

学校の管理下とは

授業中・休み時間・部活動中など、学校にいるとき、決められた通学路を通って通学するとき、学校行事で課外学習を行っているときなど

手続きは

請求の手続きは学校で行います。学校の管理下でのケガで病院に行って治療を受けた場合は、学校に連絡してください。診察を受けた月末に、その一ヶ月分の治療費を請求してもらう用紙(医療等の状況)をわたしますので、病院で記入してもらい、学校に提出してください。

給付の対象

療養に要する費用の額が5,000円以上のもの。保険証を使って1,500円以上かかったものが対象で、それ未満は給付の対象になりません。(3割負担の場合)
給付の金額は、医療保険並の療養に要する費用の額の10分の4(そのうち10分の1は、療養に伴って要する費用として加算される分)

子ども医療費助成制度を利用した場合

自己負担額を「医療等の状況」用紙に記入してください。その額と「療養に要する費用の額の10分の1が給付されます。領収書、レシート等を保管しておき、自己負担額がわかるようにしておいてください。(領収書を学校に提出する必要はありません)

請求の時効と給付期間

給付金の支払請求の時効は、2年間です。
医療費の支給期間は、初診から10年間です。

感染性疾患による出席停止について

お子さまが感染症にかかられたとき、病名や登校してはいけない期間等を医師に確認されて、保護者の方で「登校届」に記入していただき、学校に提出していただくようお願いいたします。
なお、「登校届」は学校からお渡ししますので連絡して下さい。
下のリンクからダウンロードすることもできます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)