ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政 > 市政運営 > 四條畷市ICT・IoT活用指針

本文

四條畷市ICT・IoT活用指針

指針の策定背景

 市民サービスの向上及び行政事務の効率化を推進するとともに、超少子高齢化、人口減少社会に突入していることから、ますます複雑多様化する行政課題に対し、これまでとは異なる柔軟な発想をもってその解決に努める必要があることから、市政を取り巻く環境の大きな変化に対応するため、平成31年3月に策定しました。

基本理念

 ICT・IoTを活用した市民サービスの向上

基本目標

 本指針の理念をもとに取り組む基本目標は、以下の2点です。

市民生活の環境整備

 ICTを有効活用し、市民及び事業者に対し、容易にかつ迅速なサービスの提供を行える利便性の高い社会を実現します。

働き方及び行財政改革

 既存の行政事務などを見直すことで、効率的・効果的なICTの活用を図り、職員の働き方を変革するのみでなく、効率的な行政事務により創出した時間を活用して、提供する市民サービスの質の向上を実現します。
 
 この基本目標の達成に向けた重点目標として以下の3点を掲げ、取組みを推進していきます。

子育て・教育現場への積極的なICTの活用

迅速なサービス提供及び行政手続の利便性向上

情報化推進体制の構築及び事務効率化

 
 重点目標に基づく実施項目については別に定める四條畷市ICT・IoT化推進ロードマップにて実施項目を策定します。
 このロードマップは今年度策定予定であり、年1回を基本として公表していくこととします。



※この指針は、「官民データ活用推進基本法」に基づく市町村官民データ活用推進計画として位置付けています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?