ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 四條畷南小学校 > 令和2年度学校経営計画

本文

令和2年度学校経営計画

令和2年度 学校経営計画

1 学校経営方針(学校教育目標)

明るく、たくましく生きていく子

~いきいきと輝き 人間性豊かで 笑顔のあふれる子ども~

2 中期目標

★めざす学校像

確かな学びのある学校 安心安全で地域に信頼される学校

★めざす子ども像

学ぶ喜びを持つ子ども 健やかな体と心を持つ子ども

★めざす教師像

子どもに力を与える教師 子ども一人一人を理解し受容する教師

3 学校の現状

子どもたちの実態

本校児童は明るく素直で、友だちにも親切にやさしく接することができる児童が多い。子どもたち自身が自分を高めようとする意欲(学力や運動能力を向上しようという意欲や、人間関係をみずからつくる力や自分の未来を明るく思い描く力)や、自己肯定感・自己有用感を育成していきたい。

子どもたちを取り巻く環境・地域

伝統的な地域のつながりを保ち、地域の大人みんなで子どもたちを見守り育てようとの意識をもっておられる地域の方は多い。学校安全協議会や民生委員をはじめとして、子どもの安全確保やすこやかな育成のために熱心に力を貸してくださる方も多い。

4 今年度の重点取組み、達成目標、具体的な方策

重点的な取組み事項-1    学校の教育力の充実

今年度の成果目標 基礎・基本の学力の向上と定着
目標実現に向けた取組み
項目 具体的な方策
基礎・基本の学力を向上させる授業づくり

少人数指導、確かな学び担当等の活用で児童にきめ細かな指導を行い、学習内容の定着を図る

家庭学習の習慣化

保護者に家庭学習の意義や方法を周知する。自主学習ノートに取り組ませる。

主体的、対話的で深い学びの実現

児童みずからが課題を発見し、積極的に学習に参加する授業づくり。話し合い活動を通して自分の考えを深める授業づくり。児童が授業をふりかえり、次につなげる意識を持つ授業づくり。

重点的な取組み事項-2 豊かでたくましい人間性のはぐくみ

今年度の成果目標 自己肯定感・自己有用感を向上させ、自分を高めようとする意欲を育てる

目標実現に向けた取組み

項目 具体的な方策

安心・安全でのびのびと学べる学校

基本的な学習事項の習得により、自信をもって人間関係を築き、積極的に挑戦する意欲を育てる。友だちや下級生に対し、互いの違いを理解し、助け合う心情を育てる。

いじめの防止

いじめアンケートで事案を早期に把握、組織的に初期対応につとめ、解決まで見とる。ネット、SNSなどの正しい知識(メディアリテラシー)を身に着けさせる。

不登校への対応

校内・家庭での児童の問題に、早期で組織的な対応であたり、健全な学校生活につなげる

 

重点的な取組み事項-3 教職員の資質向上

今年度の成果目標 学力向上、教育環境づくり、教職員としての職務の改善
目標実現に向けた取組み
項目 具体的な方策

読んで、書く力をつける

本校の研究テーマでもある「読んで、書く力をつける授業づくり」を進める。どの教科においても児童自身が意欲をもって「読む・書く」活動を行えるようにする。

児童が安心して過ごせる教育環境づくり

基本的な学習事項の習得により、児童の達成感と自己肯定感を高め、学ぶ意欲につなげる。児童が互いに協力しながら学習することで、自己有用感を持てるようにする。

ICT教育の推進、校務ICT化を利用した働き方改革の推進

授業にICT機器を有効に使えるように研修を行う。Ict機器を有効に使うことで、職務の負担を軽減し、子どもへの指導に力をそそげるように方策を検討する。