ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > くらし > 教育 > 学校教育 > 児童生徒及び教職員に感染者が出た場合の対応について(9月13日時点)

本文

児童生徒及び教職員に感染者が出た場合の対応について(9月13日時点)

児童生徒及び教職員に感染者が出た場合の対応について

 令和3年9月2日付け大阪府教育庁から示された「学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドライン(第1版)」を受け、児童生徒及び教職員に感染者が出た場合の対応について、一部変更しましたのでお知らせします。

(1)児童生徒または教職員に感染者が確認された場合は、保健所と相談のうえ、学校全体を臨時休業します。

 臨時休業については、保健所と相談のうえ、疫学調査や、学校における感染症拡大防止に必要な対策及び学校運営上の体制整備を行うために必要な期間及び範囲を踏まえて、教育委員会が判断します。

※児童生徒が登校している間に陽性者が確認された場合、感染拡大防止を最優先に、原則速やかに一斉下校させることがあります。その場合は、学校よりメール配信や各校のホームページ等により周知しますので、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

(2)保健所によるPCR検査対象者の決定後、検査対象者の所属する学級等を閉鎖します。

(3)PCR検査の結果、陽性者が判明した場合は、学級等の閉鎖を57日間延長します。陽性者がいない場合は、学級等を再開します。

 児童生徒に感染者が確認された場合は、当該児童生徒を出席停止とします。期間は治癒するまでとし、登校の再開については医療機関や保健所等と連携しながら判断します。

 なお、児童生徒及び教職員の家族に濃厚接触者がいる場合は、保健所等関係機関と相談したうえで個別に対応します。

※新型コロナウイルス感染症については、日々の状況の変化から、今後も大きく展開が変わることも予想されます。国、大阪府、市からの最新情報の確認を行っていただきますようお願いします。

市費によるPCR検査の実施について

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、市内の小中学校のクラス、クラブ、ふれあい教室等の単位内で、複数の感染者または感染者に加えて濃厚接触者が特定された場合に、保健所による検査の対象外になった接触者のうちで、検査を希望する人に対して、市費(保護者の負担なし)でPCR検査を実施します。

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)