ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 重度障がい者医療証の更新手続きについて

本文

重度障がい者医療証の更新手続きについて

11月から医療証が切り替わります

現在、重度障がい者医療証をお持ちの人は、有効期限が10月31日までとなっています。
対象の人には、更新申請書を郵送していますので、記入・押印し、提出してください。

 

手続きについて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、「密」を避ける郵送での申請を勧めています。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

1、必要なもの 

  • 更新申請書 (印をお忘れなく)
  • 健康保険証
  • 障がい者手帳、特定疾病療養受給者証・特定疾患受給者証など他公費負担制度の受給者証
  • 個人番号(マイナンバー)のわかるもの

2、記入すること

  • 必要事項を記入し、押印してください
  • 印字内容に変更があれば、赤字で記入してください

3、日時  9月30日(水曜日)まで 

郵送での手続きをされる場合は、申請書・健康保険証(写)・手帳や受給者証(写)をご送付ください

 

医療証について

新しい医療証は、所得や障がい要件の確認後、10月下旬に郵送します。

ご注意ください

令和2年度の所得申告はお済みですか?

申告がされていない場合、所得の確認ができず、医療証の交付ができません。

収入のない人や年金のみの人も、申告をしてください。税務課にて手続きができます。

 

障がい者手帳の有効期限は切れていませんか?

障がい者手帳を確認し、障がい程度に合わせて医療証を交付します。

期限が過ぎている場合は交付できません。手帳の更新についてもご相談ください。


四條畷市では「四條畷市心をつなぐ手話言語条例」を制定しました~