ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 都市計画課 > 四條畷市交通バリアフリー整備状況について

本文

四條畷市交通バリアフリー整備状況について

本市では、公共交通事業者、道路管理者、公安委員会等の各事業者が平成15年度に策定の四條畷市交通バリアフリー基本構想に基づき実施する特定事業について、バリアフリー化に取り組んでおります。
今までの主な事業の進捗状況については以下のとおりです。

各事業者の整備状況
(整備が完了した主な事業について掲載しております。)

内容をPDFファイル(別ウィンドウ)でご覧いただけます。

交通バリアフリー化の実現

事業の推進に向けては、施設を整備するハード整備だけでなく、ソフト面施策として、高齢者、身体障がい者等に対する理解と協力、すなわち市民の『心のバリアフリー』が不可欠です。
市民・事業者・行政が互いに協力して一体となって取り組んでいくことによって、交通バリアフリー化が実現していきます。
皆様方のご理解・ご協力をお願いいたします。

交通バリアフリー化実現の図

市民

  • みんなでまちづくりを進めていくことの意識高揚
  • 高齢者、身体障がい者等に対する理解と積極的な支援
  • 鉄道、バス、自転車利用などのマナーの向上

事業者

  • 施設案内情報の適切な提供
  • 歩行空間を確保するための放置自転車、違法駐車の取締り強化とはみ出し看板等の改善指導
  • サポートマナー等の接遇のための職員研修の実施

行政

  • 交通バリアフリーに関する情報発信、啓発活動
  • 「心のバリアフリー」等市民意識高揚の推進
  • 市民の組織づくりに向けての取り組み

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)