ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 都市計画課 > 屋外広告物条例Q&A

本文

屋外広告物条例Q&A

質問1 お店の看板を出したいのですが、どのような手続が必要ですか?

回答1 原則として、屋外広告物を掲出する際には、屋外広告物法、大阪府屋外広告物条例及び四條畷市における大阪府屋外広告物条例の施行に関する規則等の法令に基づく許可が必要となります。また、屋外広告物の大きさや設置の状況によって、建築基準法の工作物確認申請や道路法に基づく道路占有許可等が必要になる場合があります。

質問2 申請には、どのような書類が必要ですか?

回答2 「屋外広告物のご案内」又はホームページを参照してください。

質問3 郵送でも申請できますか?

回答3 郵送できます。下記書類を同封してください。(手数料は、事前に郵送しないでください。)

  1. 申請に必要な書類2部(正、副)
  2. 「納付書等」の送付用封筒(切手貼付、返信先記入)
  3. 「許可書、許可証及び申請書の副本」の返却用封筒(角2封筒、切手貼付、返信先記入)

詳しくは、次の「郵送による手続」ファイルをご覧ください。

郵送による手続き(PDF:86.8KB)

質問4 手数料の納め方はどうなっているの?

回答4 窓口でお手続される場合は、審査終了後に市から連絡しますので、窓口にて現金で納入してください。郵送の場合は、審査終了後に市から送付用封筒で納付書を送りますので、市が指定する金融機関等で納入していただきます。

質問5 許可期間以降も看板を設置したいのですが、どうすればいいですか?

回答5 継続して広告物を設置される場合は、大阪府屋外広告物条例第15條第2項の規定により許可期間の満了の日の7日前までに継続の許可を受ける必要がありますが、継続許可の処理には7日程度(不備等による修正の期間は含みません。)を要しますので、許可期間の満了の日の14日前までに記載内容に十分留意して申請書類を提出してください。また、継続許可の申請手続を郵送にて行う場合は、必ず事前に相談した後、許可期間の満了の日の14日前までに必着(不慮の事故による紛失又は遅配については考慮しません。)するよう申請書類を郵送してください。

質問6 継続許可の申請に数量や形状、表示内容等の変更を含めていいですか?

回答6 継続許可は許可期間の更新に関する許可であるため、数量や形状、表示内容等の変更を行う場合には、別途変更許可申請をしていただく必要があります。

質問7 許可を受けた看板の数量や形状、表示内容等を変更したい場合は、どんな手続が必要ですか?

回答7 数量や形状、表示内容等の変更を行う場合は、変更前に変更許可の申請を行い、許可を受けてください。

質問8 看板を除却した場合は何か手続がいりますか?

回答8 撤去届の提出が必要になります。

質問9 自家用広告物とは?

回答9 「屋外広告物のご案内」の「自家用広告物とは・・・」を参照してください。

質問10 許可手続をせずに看板を出した場合の罰則などはありますか?

回答10 設置許可、変更許可、継続許可の手続を行わなかった場合には、30万以下の罰金が科せられます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)