ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 建設課 > 道路整備に関するプログラム

本文

道路整備に関するプログラム

道路の整備に関するプログラムについて

 平成30年3月30日、道路法等の一部を改正する法律が成立し、道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律(以下「道路財特法」という。)による国費率のかさ上げ措置について、今後も引き続き計画的に道路の整備・機能強化に取り組んでいく観点から、平成30年度以降10年間継続されることとなったところです。

 道路事業においては、従来から各地方公共団体において道路整備に係る計画を策定・公表し、計画的な事業実施に努めてきたところですが、社会資本整備について、現下の社会経済情勢を踏まえた戦略的・計画的な取組が政府全体として求められていることや、今般、道路財特法による国費率のかさ上げ措置が10年間継続されることも併せて、今後の道路整備に当たっては、より一層計画的かつ効率的に取り組むことが重要と考えます。

 そこで、上記趣旨を踏まえるとともに、近年の道路をとりまく環境の変化に応じた新たな施策への取組なども併せ、都道府県・政令市において、道路整備の基本方針、事業箇所等を明示した「道路の整備に関するプログラム」(以降、「本プログラム」という)を策定した上で今後の道路整備に取り組んでいくことが望ましいとの方針が国から示されたことを受け、大阪府において、府域(政令市除く)を対象としたプログラムを取りまとめていることから、プログラムに位置付ける本市の事業リストおよび箇所図を公表するものです。

四條畷市におけるプログラム

 本市における事業については、社会資本総合整備計画を含め、既存の行政計画から、具体的な事業箇所を抜粋し、本プログラムにて公表いたします。※2020年3月4日更新

P21 まちづくりと地域の安全・安心を支えるみちづくり(防災・安全)

P32 通学路等の生活空間における安全・安心の確保(防災・安全)

 

本プログラムについては、大阪府HPをご参照ください。

大阪府道路の整備に関するプログラム<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)