ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 生活環境課 > (中止になりました)令和2年度狂犬病予防集合注射について

本文

(中止になりました)令和2年度狂犬病予防集合注射について

 令和2年度狂犬病予防集合注射は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止いたします。

 狂犬病予防注射については、各動物病院で受けていただきますようお願いします。

【狂犬病予防法施行規則第11条の規定により、生後91日以上の犬の所有者は、狂犬病予防注射を4月1日から6月30日までの間に受けさせなければならないとされています。】

 その際に、飼い主あて送付しております4連の用紙(狂犬病予防注射済票交付手数料領収書兼注射済証)を必ずお持ちください。

 なお、注射料金については集合注射時の金額(2,750円)と異なる場合がございます。

 市内動物病院で裏面の問診票に記載の上、注射のみを行う場合(診察を必要としない場合)は、病院ごとの注射料金及び注射済票代(550円)のみで、注射を行うことができます。

 また、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、飼い主あて送付しております封筒表面に記載の数字月に分散する形での受診にご協力をお願いいたします。

 各動物病院で受診される際は、マスクを着用するなど咳エチケットにご配慮いただき、飼い主の体調が発熱等ですぐれない場合は日を改めていただくようお願いいたします。

 市内動物病院【小島動物病院・佐藤獣医科医院・たかはし動物病院・田原台動物病院・ねこのて動物病院】で注射を受けられた場合は、病院にて注射済票の交付をいたします。

 市外動物病院で注射を受けられた場合は、注射済証を持ってくるのうえ、市役所生活環境課窓口にて注射済票の交付手続【交付手数料550円】をお願いいたします。