ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 市民課 > 転籍届(本籍の変更)の届出方法について

本文

転籍届(本籍の変更)の届出方法について

本籍を変更するには、必要事項を記入した転籍届に戸籍謄本1通を添付して提出してください。

転籍とは

転籍とは、本籍を移転することです。現在の戸籍に入っている方全員が新本籍に移転します。
転籍には以下のような便利な点と不便な点があります。十分ご考慮のうえ転籍届を提出下さい。

便利な点

  1. 戸籍関係証明が取得しやすくなります(本籍地と住所地の市町村とが異なる場合)
    パスポート申請や婚姻届等に添付するための戸籍謄抄本や身分証明書(破産や成年後見登記の通知を受けていない旨の証明書)は、本籍地を管轄する役所でしか取得できないため、転籍して本籍を住所地のある市町村に移すことで取得しやすくなります。

不便な点

  1. 戸籍関係証明には最新の内容しか記載されません
    転籍時に婚姻や死亡等により除籍となっている人は、転籍後の新戸籍には記載されません。(同一市区町村内での転籍の場合は除く)
  2. 相続時に必要な戸籍が多くなります
    相続発生時には想定相続人確定のため、多くの場合、被相続人(死亡者)の出生から死亡までの戸籍が必要なります。転籍すれば、転籍前の戸籍も取得する必要があります。なお、各戸籍はその当時の本籍を管轄する役所でしか取得できません。
  3. 転籍時以前の住所の証明ができなくなります
    戸籍とともに編成される戸籍の附票(住所の異動履歴を記載したもの)は、転籍時以前の住所は記載されません。
  4. 転籍届出直後は戸籍関係証明の発行ができません
    転籍届出直後は、転籍先の役所での事務処理が完了するまで、新戸籍の戸籍関係証明の発行ができません。

転籍届の届出方法

届出地

本籍地または転籍地

届出人

筆頭者及び配偶者(必ず両名の署名が必要です)
※夫婦の一方が死亡等により除籍されているときは、生存配偶者単独で届け出ができます。

必要書類

  1. 転籍届(必ず筆頭者及び配偶者の署名が必要です)
    ※市役所窓口(市民課、田原支所)にてお渡しいたします。
  2. 戸籍謄本(全部事項証明)

関連リンク

戸籍の主な届出


みなさんの声をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?