ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 組織でさがす > 地域協働課 > ドイツ交流ひろば「ドイツの料理づくりとおはなし」を開催しました!

本文

ドイツ交流ひろば「ドイツの料理づくりとおはなし」を開催しました!

「ドイツの料理づくりとおはなし
ドイツのヘルシーシュトレンを焼いてみよう
~グリーンバナナパウダーを使って~」

 平成30年12月1日(土曜日)、四條畷市立公民館3階 料理室(市民総合センター)において、メアブッシュ交流サポーターで、ドイツ・メアブッシュ市に在住歴のある高田奈津子さんとドイツに留学経験のある吉田みどりさんを講師等に迎え、「ドイツの料理づくりとおはなし」を開催しました。

 料理づくりでは、スーパーフードのグリーンバナナパウダーを使った“ヘルシーシュトレン”や“グリューワイン”などを作り、参加者は、グリューワインの試飲を楽しみました。
 また、吉田さんからは、シュトレンの意味*やドイツ人の人柄、ドイツにおける外国人のドイツ語の学習環境等のおはなしがあり、高田さんからは、BIOやドイツ旅行談等のおはなしがあり、ドイツの歴史や文化、食生活等について理解を深めました。

*シュトレン:ドイツのクリスマスには欠かせないお菓子です。焼きあがったシュトレンを白いシュガーパウダーで包むことから、白い布にくるまれた赤ちゃんを表しているそうです。

ドイツ交流ひろば「ドイツの料理づくりとおはなし」の画像1ドイツ交流ひろば「ドイツの料理づくりとおはなし」の画像2ドイツ交流ひろば「ドイツの料理づくりとおはなし」の画像3