ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

四條畷市民憲章とは

 條 畷 市 民 憲 章 (しじょうなわてしみんけんしょう)

( 昭和(しょうわ)50年(ねん)11月(がつ)2日(ふつか)制定(せいてい) 

  わたくしたちの住(す)む四條畷市(しじょうなわてし)は、多(おお)くの歴史的遺産(れきしてきいさん)と飯盛山系(いいもりさんけい)の緑(みどり)にめぐまれた楠(くす)の香(か)豊(ゆた)かなまちです。

  わたくしたちは、これらを後世(こうせい)に伝(つた)え、みんなのしあわせとよりすばらしいまちへの発展(はってん)を願(ねが)ってこの市民憲章(しみんけんしょう)を定(さだ)めます。

 

  わたくしたち四條畷市民(しじょうなわてしみん)

   めぐまれた自然(しぜん)を生(い)かし

美(うつく)しいまちをつくります

   ふるさとを愛(あい)し心(こころ)のふれあいを求(もと)

友情(ゆうじょう)の輪(わ)ひろげます

    希望(きぼう)と夢(ゆめ)をもって

しあわせなまちをめざします

   豊(ゆた)かな伝統(でんとう)と歴史(れきし)をまもり

新(あたら)しい文化(ぶんか)そだてます

   働(はたら)くことに誇(ほこ)りをもち力(ちから)をあわせて

住(す)みよいまちをきずきます

 

 わたしたちの郷土・四條畷市がよりよい明日をめざすために、市民一人ひとりの生活の指針となり、共通の道しるべとなる「四條畷市民憲章」を、市民憲章制定委員会が、市民から一般公募した憲章案を検討、成文化し、昭和50年11月2日に市制施行5周年記念式典で制定を宣言しました。

 憲章は、前文と本文からなっており、前文では、四條畷市の特性と憲章制定の趣旨がのべられ、本文では、市民生活の具体的な目標をそれぞれ独立した5項目にまとめています。

四條畷市民憲章 [PDFファイル/66KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)