ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 交流 > 国際交流 > もっと四條畷 > 楽しむ・遊ぶ > 体験 > 《市制施行50周年記念プレ事業》ドイツ交流ひろば

本文

《市制施行50周年記念プレ事業》ドイツ交流ひろば

【第1弾】

日時:令和元年11月16日(土曜日)午前10時30分~午後0時30分
場所:市民総合センター3階 視聴覚室

 「ドイツのクラフトづくりとおはなし~クリスマスが待ち遠しい!アドベントカレンダーづくり~」と題して、クラフト講座を開催しました。

 ドイツでは、冬になると日照時間が短くなり、寒く閉ざされた環境となることから、少しでも楽しみを見つけるため、12月1日~12月24日をアドベントといって、お菓子入のカレンダーを作り、クリスマスを楽しみに待つ習慣があります。恋人同士であれば、お菓子の代わりにアクセサリーを入れることもあるようです。

アドベントカレンダーの作成例     講座風景1     講座風景2

 ゴミの減量化のおはなしでは、ドイツにおいては3R(リデュース、リユース、リサイクル)が徹底されているというおはなしがありました。3Rの例は、以下のとおりです。
・リデュース
…包装紙は日本の10分の1程度であり、排出するゴミを少なくする意識が浸透しています。
・リユース
…学校で使う教科書は、上級生が使用したものを下級生が再利用します。
・リサイクル
…リサイクルに回すゴミの回収も、誰にでも分かりやすくするため、回収できるゴミの種類をゴミ袋にイラストで表示し、リサイクルに対する意識の促進を図っています。

 和やかな雰囲気のなかで、講師と参加者が交流を深めるとともに、貴重なおはなしを聞くことができ、大変有意義な時間となりました。

 

 

【第2弾】

日時:12月7日(土曜日)午前10時30分~午後0時30分
場所:市民総合センター3階 料理室

 市民の皆さんが、身近にドイツに触れることで、国際友好都市ドイツ・メアブッシュ市について、楽しく気軽に学び理解いただく機会を提供し、今後の友好都市交流につなげていくことを目的に、「ドイツの料理づくりとおはなし~ドイツ アプフェルクーヘンを作ってみよう~」と題して、例年ご好評いただいている料理講座を開催しました。

 皆さんは、ご家庭でどのくらいりんごを食べられていますか?

 ドイツではりんごは身近な食材で、種類が豊富にあり、生で食べる以外にジュースやお菓子などに使われています。そこで、今回の料理講座ではアプフェルクーヘン(アップルケーキ)を作りました。
 親子での参加も多く、子どもたちが材料を混ぜたり、りんごを切ったり、一生懸命取り組む姿が印象的でした。

料理づくりの風景     アプフェルクーヘン(アップルケーキ) 

 おはなしの時間には、ドイツにおけるゴミの減量化やりんごの需要、ドイツの歴史、音楽についておはなしを伺いました。
 ドイツにおいては3R(リデュース、リユース、リサイクル)が徹底されており、イベント開催にあたっても、排出されるゴミをどのように減らすかということをまず検討するそうです。
 ドイツの歴史と絡めた音楽のおはなしでは、実際に音楽を流すことで、参加者がより興味を持ち、また、ドイツへの親しみを持っていただくことができました。

 子どもからご高齢の方まで幅広い方にご参加いただき、和やかな雰囲気のなかで、講師と参加者が交流を深めるとともに、ドイツでの在住経験を持つ方ならではの貴重なおはなしを聞くことでき、大変有意義な時間となりました。

おはなしの風景1     おはなしの風景2

 なお、当日作成した「アプフェルクーヘン(アップルケーキ)」のレシピは、添付資料をご覧ください。アプフェルクーヘンを作ることで、ご家庭でドイツ文化に触れてみませんか?
アプフェルクーヘン(アップルケーキ)のレシピ [PDFファイル/198KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

四條畷をもっと知る

観光パンフレット

ぐるり<外部リンク>

観光ガイド