ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 教育委員会 > 平安文学講座「枕草子に学ぶ」
教育委員会

本文

平安文学講座「枕草子に学ぶ」

内容・日程

申込

問い合わせ先


平安時代、王朝の文化と人間を活き活きと書いた「枕草子」。
実際にいた人々の心情と感性が手に取るようにわかります。
千年を過ぎても変わらぬおもしろさ、清少納言のあざやかな手並みをご覧ください。

内容・日程

第1回:5月15日(水曜日)13時30分~15時00分

「枕草子」はどんなもの?
はるはあけぼの/香炉峰の雪
まず、代表的な章段を読んでみます。

第2回:6月19日(水曜日)13時30分~15時00分

清少納言はどんな人?
有名な歌人の家柄に生まれ、時の中宮に仕える女房に。

第3回:7月17日(水曜日)13時30分~15時00分

滝は、河は、歌集は
集めてみました、有名なもの、好みのものを。
当時の趣味と清少納言のセンスが決め手。

第4回:9月18日(水曜日)13時30分~15時00分

心を動かすあれこれのこと
心ときめきするもの/にくきもの
気にさわることは、今も昔も多いようです。

第5回:10月16日(水曜日)13時30分~15時00分

季節の思い出
朝廷行事や祭りに加わえて、四季それぞれの趣も少納言の眼をとらえます。

第6回:11月20日(水曜日)13時30分~15時00分

人物ルポルタージュ
歴史上の人物が次々と現われます。清少納言の交友記録と人間観察は多彩です。

第7回:12月18日(水曜日)13時30分~15時00分

定子賛歌
厳しい政治事情の中を生きた定子は、清少納言の筆によって明るく美しい姿を今に残しました。

チラシ [PDFファイル/141KB]

場所

四條畷市市民総合センター3階会議室4

講師

東野美穂子さん(王朝文学研究者)

対象・定員

市内在住・在勤・在学の人50人

費用

1,400円(全7回分)

申込

4月19日(金曜日)から費用を添えて市立公民館(電話予約可)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)