ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

子育ての援助が必要なとき

なわてファミリー・サポート・センター

子育ての手助けをしてほしい人(依頼会員)と子育ての手助けが出来る人(援助会員)を様々な条件等を照らし合わせながら、紹介します。
安全に、安心して、預けたり、預かったりが出来るように、相互の会員の紹介などをお手伝いします。
詳しくは下記リンクをご覧ください。

なわてファミリー・サポート・センター

民間保育園・認定こども園等での一時保育

保護者の傷病、出産、冠婚葬祭等により緊急に保護が必要となった方、求職活動を行うため保育が必要となった方、また育児に伴う心理的、肉体的負担を解消するために保育を必要とする方のため、一時的に保育をする制度です。利用には、各保育施設での事前登録が必要です。
保育児童数の都合上、利用できない場合もあります。詳しくは、各保育施設までお問い合わせください。

一時保育実施施設一覧(PDF:74.2KB)

児童福祉施設等でのショートステイ・トワイライトステイ(子育て短期支援事業)

子育て短期支援事業は、保護者の疾病、出産、休日出勤等の事由によりお子さんの養育が一時的に困難となった時、または経済的な理由により緊急一時的に母子を保護することが必要な場合等に、児童養護施設やその他の保護を適切に行うことのできる施設において一定期間、養育、保護を行う事業です。
詳しくは、子育て総合支援センター(電話:072-877-5455)までお問い合わせください。

産前産後ヘルパー派遣事業

妊娠中または出産後に体調不良等で、親族などの支援がなく、家事や育児を行う事に支障がある妊産婦の家庭に市と契約した事業所からヘルパーを派遣し、家事や育児の一部を援助します。

支援内容

 ご自宅で、日常生活に必要な簡単な家事や育児の補助について援助します。

 ・家事に関すること

  (食事の準備と後片付け、衣類の洗濯、居室の掃除と整理整頓、生活必需品の買い物など)

 ・育児に関すること

  (授乳介助、おむつ交換、沐浴介助、育児環境の整備など)

・注意事項

 ・大きな物の買い物や、ゴミ出し、電化製品の掃除、窓ふきや大掃除はできません。

 ・買い物は日常品の範囲です。

 ・留守番・通院の同行・きょうだいのお世話・外出・送迎はできません。

利用のながれ

 事前の申請が必要です。

 利用開始希望日の少なくとも1週間ほど前までに、子育て総合支援センターまでご相談ください。

 ヘルパー事業所の混み具合等により、ご希望の日程や時間に対応できない場合があります。あらかじめご了承ください。

派遣期間、回数

 妊娠中から出産後1年未満(多胎出産後の場合は1年6か月未満)

 午前9時から午後5時までの間で、1日2回まで、1回2時間以内、1世帯につき30回まで(多胎出産後の場合は40回まで)

利用料金

 1時間あたり400円(所得により減免制度があります。)

 派遣終了日までに申請者が派遣事業者へ利用料金を直接支払ってください。

 利用をキャンセルする場合、できるだけ早くヘルパー事業所へ連絡をお願いします。

 利用当日にキャンセルをする場合は、キャンセル料が発生します。

 

詳しくは、子育て総合支援センター(電話:072-877-5455)までお問い合わせください。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)