ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市 国勢調査総合窓口

本文

四條畷市 国勢調査総合窓口

バナー<外部リンク>

 今年は国勢調査の年です。日本に住むすべての人と世帯を対象としたこの調査は、大正9(1920)年に始まり、令和2年に100年目を迎えます。
 100年の歳月が流れ、時代も大正から昭和、平成、そして令和へと変わってきましたが、国勢調査の重要性に変わりはありません。
 今を知り、よりよい未来をつくっていくために、皆さんのご協力が必要です。

全国一斉に国勢調査が行われます

調査の概要

1 調査期日

 令和2年10月1日(木曜日)

2 調査対象

 日本に住むすべての人(外国人を含む)と世帯が対象です。統計法に定める基幹統計調査として、住民票などの届出に関係なく、10月1日現在、ふだん住んでいる場所で調査を行います。

3 調査事項

 「世帯員の数」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」など16項目

4 調査の流れ

 9月中旬から、調査員証及び腕章を携帯した調査員が各世帯を訪問し、調査書類を配布した後、インターネット<外部リンク>または郵送による回答を原則に調査を行います。

5 回答期間

 令和2年9月14日(月曜日)~10月7日(水曜日)

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた令和2年国勢調査について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、今回の国勢調査では、調査書類の配布、回収において、原則として世帯と調査員が対面しない「非接触」の調査方法により実施いたします。

 調査員は、インターフォン越し等で説明を行った後、調査書類を郵便受けやドアポストに入れるなどして配布します。

 回答は、接触を避けるため、便利なインターネットまたは郵送にて協力をお願います。

総務省統計局HP「新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた令和2年国勢調査の実施について」<外部リンク>を参照

調査への疑問にお答えします

そもそも国勢調査ってなに?

 日本国内にふだん住むすべての人(外国人を含む)と世帯を対象に、5年に一度実施される統計法に定める基幹統計調査です。令和2年10月1日に実施する令和2年国勢調査は、大正9年に行われた第1回調査から100年(21回目)の節目を迎えます。

何を明らかにする調査なの?

 人口(性別、年齢別など)、世帯(家族の属性や世帯人員、住居など)、産業構造(労働力の状態、職業など)といった、さまざまな実態を明らかにし、国及び地方公共団体における各種行政施策の基礎資料を得ることを目的としています。

調査の結果はどう活用されるの?

 行政においては、国勢調査で把握した人口は、法定人口として、衆議院議員の小選挙区の改定基準、地方交付税の算定基準として利用されるほか、民間における企業の経営判断や研究活動など、広く活用されています。

調査員はどんな人?

 国勢調査員は、令和2年9月中旬から10月下旬に調査対象の世帯を訪問し、調査票の記入依頼や調査票の回収といった業務を行う、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員です。

前回の調査からどのようなことがわかりましたか?

 平成27年に実施した国勢調査では、日本の総人口が調査開始以来初めて減少し、本市の総人口は56,075人(1,479人減少)、総世帯数は22,089世帯(363世帯増加)となりました。男女別の人口は、男性27,468人、女性28,607人、年齢別の構成割合は、15歳未満で14.2%、15~64歳で60.0%、65歳以上で25.7%となり、65歳以上の割合は4.6ポイント増加しました。

 詳しくは、四條畷市統計書国勢調査人口、世帯数の推移をご覧ください。

 また全国結果については、総務省統計局ホームページ<外部リンク>をご覧ください。


ロゴ

インターネット回答が便利です