ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・公聴 > 市長への意見箱 > 市長への意見箱 > 町会費の集金方法(新型コロナウイルス関連)
市長への意見箱

本文

町会費の集金方法(新型コロナウイルス関連)

受付日:令和2年4月24日

意見・提言内容

私どもは、今年度持ち回りで隣組の組長の役に付いております。
それに伴い、町会費の集金や赤い羽根募金の集金、集団での清掃活動などの役回りが生じているのですが、コロナウイルス対策で人との接触を最小限に留めなけなければならないこの状況下において、町会費の集金などで各戸を回って訪問するという行為は、極めて不適切であると思えます。
他の市町村においては、町会費の集金は、銀行振込で行うケースもかなり見られます。
今般の時世に鑑み、行政から自治会に対して、町会の集金方法について各戸への訪問という方法は取らず、銀行振込等の方法を取るよう働きかけをしていただくようお願いできませんでしょうか。

 

回答内容

この度は、市長への意見箱にご意見をくださり、ありがとうございます。
いただきましたご意見について、回答いたします。

町会費につきましては、各地区の自治会組織を運営する上での根幹となる貴重な財源であると認識しております。
現在の状況下を踏まえ、町会費の集金などの人の接触を伴うような活動は、できるだけ控えていただくことが望ましく、各地区の自治会長などから相談のあった場合は、集金の時期を遅らせるなどの工夫をいただくようご案内しているところです。
ご意見のとおり、振込による町会費の支払いもひとつの方法であると認識しておりますが、各自治会組織の運営に関して、行政から自治会に対し強制することはできませんので、今回いただいたご提案内容を、該当地区の自治会長へお伝えさせていただきます。
貴重なご意見ありがとうございました。