ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市新型コロナウイルス予防接種(ワクチン接種)

本文

四條畷市新型コロナウイルス予防接種(ワクチン接種)

新型コロナウイルスワクチンの接種券発送・予約枠について

 8月3日(火)正午に、8月11日(水)~8月17日(火)の期間の予約枠を新たに設けました。

混雑することが予想されますが、焦らず落ち着いてご予約ください。

なお、ワクチン接種の予約は感染予防のため市役所などの窓口では受付できません。 

 

今後の予約枠を新しく追加する日時(予定)
追加日 予約枠
8月10日(火)正午 8月18日(水)~8月24日(火)の期間
8月17日(火)正午 8月25日(水)~8月31日(火)の期間

 

予約方法は、「予約の方法について」をご確認ください。

 

四條畷市民対象のキャンセル待ち登録について

 現在、市で使用しているファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンは、1瓶(1バイアル)あたり6回分のワクチンを接種でき、希釈後6時間以内に接種する必要があります。当日キャンセルが発生した場合等の余剰分は、翌日に持ち越すことができず、ワクチンの廃棄に繋がることから、四條畷市に住民登録(住民票)がある人を対象にキャンセル待ち登録を受け付けます。

詳しくは、「新型コロナウイルス予防接種のキャンセル待ち登録について」を確認してください。

 

新型コロナウイルスワクチン接種進捗状況(7月28日現在)

ワクチン供給数

 
ワクチン供給数
60,036回接種分【30,018人×2回分】

1

予約数

 
予約可能者数 1回目接種予約件数 予約率
30,135人

17,468件

57.97%

1

※予約可能者数は以下の人の総数です。

 ・65歳以上の高齢者

 ・49歳以下の基礎疾患を有する人(7月26日17:00までに申請をした人)

 ・50歳以上64歳以下(昭和32年4月2日~昭和47年4月1日生まれの人)

 ・12歳以上18歳以下(平成15年4月2日~12歳以上の人)

※12歳の人は、12歳の誕生日の前日から接種対象となります。

 

 接種数(12歳以上)

 
12歳以上の人口 接種回数 接種済数 接種率
50,640人 1回目 18,509人 36.55%
2回目 14,012人 27.67%

1

・12歳以上の人口は、6月1日時点の人数です。

・本市に住民票がある人を対象に集計(高齢者施設入所者(市民)、市外医療機関で接種した人を含む)

・ワクチン接種記録システム(VRS)に登録された人数のため、実際の接種数とは差異が生じます。

 

接種数(65歳以上)

 
65歳以上の人口 接種回数 接種済数 接種率
15,596人 1回目 13,043人 83.63%
2回目 12,486人 80.06%

1

・65歳以上高齢者人口(昭和32年4月1日以前に生まれた人)は、6月1日時点の人数です。

・本市に住民票がある人を対象に集計(高齢者施設入所者(市民)、市外医療機関で接種した人を含む)

・ワクチン接種記録システム(VRS)に登録された人数のため、実際の接種数とは差異が生じます。

 

接種までの基本の流れ 

詳細は、「新型コロナウイルスワクチン接種の基本的な流れ」をご確認ください。

 

スケジュール

3

業務上または留学等による海外渡航予定者への新型コロナウイルスワクチン接種について

 今秋にかけて、業務上または留学等により海外渡航を予定している人を対象に申請を行っていただくことで、新型コロナウイルスワクチン接種予約が可能となります。

詳しくは、「業務上または留学等による海外渡航予定者へのワクチン接種について」を確認してください。

 

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

 海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。本接種証明書の交付申請は、令和3年7月26日(月)から受け付けます。

詳しくは、「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始しますを確認してください。

【問い合わせ先】
四條畷市立保健センター
〒575-0052
四條畷市中野3丁目5番28号
電話:072-877-1231 (8時45分~17時15分まで)

厚生労働省HP「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について<外部リンク><外部リンク>」

 

国または都道府県が設置する大規模接種会場で接種を希望される人へ

 四條畷市民の人が市外で接種できる接種会場をご案内します。各会場での予約や予約方法・その他のご質問等は各会場にお問い合わせください。

詳しくは、「国または都道府県が設置する大規模接種会場で接種を希望される人へ​」からご確認ください。

 

基礎疾患を有する人の接種について

 49歳以下の接種を希望する基礎疾患を有する人で、事前申請があった場合は、ワクチンの供給量を踏まえ順次、予約することができるよう申請を受け付けています。​​
郵送またはメールフォームから申請してください。

該当する基礎疾患は「基礎疾患がある人とは」をご確認ください。

49歳以下で基礎疾患を有する人の接種希望申請は受け付けますが、予約開始時期等は、ワクチンの供給量を踏まえ、後日郵送によりお知らします。

申請方法や予約開始のスケジュールは、「49歳以下の基礎疾患を有する人の接種について」をご確認ください。

 

※50歳以上の人は、すでに市内での接種予約が可能ですので、申請は不要です。

 

四條畷市内で接種できる場所

 市では、個別の医療機関と集団接種会場のいずれかでワクチン接種をしていただけます。

ご自身の接種を受けたい場所を選択いただき、予約をお願いします。

市内の医療機関等で受ける

集団接種会場で受ける

 

予約方法

 予約方法については「予約方法について」をご覧ください。

 予約は、四條畷市役所のみで受け付けます。個別の医療機関では、予約は受け付けませんので、ご注意ください。

 

接種費用

 無料で接種できます。接種には接種券が必要です。

 

その他の当日のキャンセル等の対応について

その他のキャンセル対応について

 当日のキャンセル等でワクチンの余剰が出た場合、市民対象のキャンセル待ち登録に加え、本市では以下の順番で余剰分を接種し、ワクチンの廃棄が出ないよう計画しています。

 

(1)当該接種医療機関で働く医療従事者 (2)高齢者・障がい者(児)施設で働く従事者

(3)通所・訪問・居宅福祉サービス事業所従事者 (4)民生委員・児童委員、保育施設職員、小中学校教職員等、ごみ収集従事者、消防団員、社会福祉協議会職員、常勤の市職員(子ども未来部 / 健康福祉部 / 都市整備部 / 相談業務担当職員 / その他職員(特別職、図書館、教育センター含む)) (5)市民対象キャンセル待ち登録者

※カッコ内の数字は、市内での接種順位を決定するものではありません。接種については、各種関係機関等と適宜調整を行い、決定します。

上記の方への接種が完了した後については、検討を進めています。

 

新型コロナワクチンについて

 新型コロナウイルスワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、新型コロナウイルス感染症のまん延防止を図るものです。ワクチンを接種することにより、重症化を防いだり、発熱や咳などの症状が出ること(発症)を防ぐことが海外では明らかになっており、多くの人に接種を受けていただくことで、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されています。

詳しくは、「新型コロナウイルスワクチンについて」をご確認ください。

〔厚生労働省「新型コロナワクチンの有効性・安全性について<外部リンク>」〕

 

新型コロナワクチンの副反応について

新型コロナワクチンの副反応について」はこちらよりご確認ください。

 

自然災害発生時の集団接種の取扱いについて

自然災害発生時の集団接種会場の取扱いについては「自然災害発生時の新型コロナウイルスワクチン集団接種会場の取扱いについて」をご確認ください。

 

お問い合わせ先

 市のコールセンターやワクチン接種全般の相談先(厚生労働省のコールセンター)、副反応のことや医学的知見等の相談先(大阪府のコールセンター)は、「コールセンター」のページでご案内しています。

 

四條畷市新型コロナウイルス予防接種実施計画の策定

 四條畷市では、コロナ禍における市民の命と健康、暮らしを守るため、国から新型コロナワクチンが供給され次第、希望される市民の皆さんに安心安全かつ円滑に接種を受けていただけるよう、準備を進めています。

 この度、計画的なワクチン接種実施に向けて、下記のとおり「四條畷市新型コロナウイルス予防接種実施計画」を策定しましたので、お知らせします。

 今後、この計画に基づき、新型コロナウイルスワクチン接種を進めていきますが、本実施計画は、現時点での計画内容であり、今後、国の動向、ワクチンの供給量等により、内容を変更する場合があります。

「四條畷市新型コロナウイルス予防接種実施計画 Ver.1」 [PDFファイル/1.97MB]

 

申請様式集【新型コロナワクチン】

各申請様式

 

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)