ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市新型コロナウイルス予防接種(ワクチン接種) > 新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長について

本文

新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長について

1

 

 

ファイザー社製ワクチン及び武田/モデルナ社製ワクチンの有効期限延長について

厚生労働省から、ファイザー社製ワクチン及び武田/モデルナ社製ワクチンの有効期限の延長について通知がありました。
なお、ワクチン接種時に予防接種済証(臨時)等に貼り付けするワクチンロット番号のシールは、延長前の期限を印字している場合がありますが、ワクチンの期限が延長されており、接種して差し支えない期限となっていますので、ご安心ください。
厚生労働省HP「有効期限の取扱いについて<外部リンク>

「ファイザー社ワクチン及び武田/モデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて」(令和3年10月22日事務連絡) [PDFファイル/1.08MB]
「ファイザー社ワクチン及び武田/モデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて」(令和3年11月16日事務連絡) [PDFファイル/146KB]

ファイザー社製ワクチンの有効期限について

ファイザー社製ワクチンについては、令和3年9月10日に-90℃~-60℃での有効期間が6か月から9か月に延長されました。
​一方で、有効期限が令和4年2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限が印字されています。
すでに有効期限が6か月と印字されているワクチンの延長後の有効期限は、ロットNo.別ファイザー社ワクチンの有効期限 [PDFファイル/488KB]をご確認ください。

武田/モデルナ社製ワクチンの有効期限について

武田/モデルナ社製ワクチンについては、令和3年7月16日に-20℃±5℃での有効期間が6か月から7か月に延長されたところですが、令和3年11月12日に7か月から9か月へと更に延長されました。
​一方で、有効期限が令和4年3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、ロットNo3004733、000048A及び000049Aのワクチンは、有効期間は7か月であるという前提で有効期限が印字されています。
すでに有効期限が6か月、7か月と印字されているワクチンの延長後の有効期限は、ロットNo.別武田/モデルナ社ワクチンの有効期限 [PDFファイル/487KB]をご確認ください。

 

有効期限延長に伴う予防接種済証(臨時)等のワクチンロット番号のシールに関する注意事項

新型コロナウイルスワクチンを接種した人の予防接種済証(臨時)等には、ワクチンロット番号のシールが貼り付けていますが、有効期限が延長されたことにより、現在、流通しているワクチンとそのワクチンロット番号のシールには、延長される前の有効期限が記載されているものがあります。
上記の延長後の有効期限の表を見てご確認ください。

ロット番号 (製造番号)及び有効期限の記載箇所について [PDFファイル/825KB]
※予防接種済証(臨時)等に貼り付けされたワクチンロット番号のシールの例については、こちらをご確認ください。

 

四條畷市における対応について

以下のように対応します。

  • 各接種協力医療機関に有効期限延長について通知します。
  • 更にワクチンの配送時に、有効期限が延長になった旨を伝達します。
  • 接種後に有効期限が6か月と印字されているシールに対して、本市で手書き修正を行い予防接種済証(臨時)等に貼り付けします。

 

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


よくある質問・各種相談窓口(コールセンター)