ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 四條畷市新型コロナウイルス予防接種(ワクチン接種) > 妊婦とそのパートナーの人の新型コロナワクチン優先接種について

本文

妊婦とそのパートナーの人の新型コロナワクチン優先接種について


1

妊婦とそのパートナーに対するワクチンの優先接種をはじめます

 日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会及び日本産婦人科感染症学会は合同で、8月14日に妊婦に対する新型コロナワクチン(mRNAワクチン)の接種を勧めるメッセージを公表しました。

※参考
日本産婦人科感染症学会 新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)Q&A [PDFファイル/1.35MB]
新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報) [PDFファイル/208KB]

 その中で、妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は重症化しやすく、早産のリスクが高まるとして、妊娠中の時期を問わずワクチンを接種することを勧めているほか、妊婦が感染する場合の8割は、パートナーからの感染だとして妊婦のパートナーの接種も勧めています。

 こうした動きを踏まえ、本市では、現在の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況も鑑み、妊婦の人が安心して出産できるよう、妊婦とそのパートナーが接種を希望する場合、市の集団接種会場において、優先接種の機会を提供します。

 なお、ワクチン接種は任意であり、強制ではありません。接種については、医師と相談のうえ、ご判断ください。

※接種するワクチンは、ファイザー社製です。

 

対象者

○四條畷市に住民登録のある妊婦の人(母子健康手帳をお持ちの人)
○出産のために四條畷市に里帰りされている妊婦の人(住所地外接種の申請が必要です)
○妊婦のパートナー(配偶者のほか、両親・祖父母など妊婦をサポートする人)

※妊婦の人は、必ず事前に健診先の医師に相談し、接種の可否や接種時期を確認してください。

 

申請方法

 申請については、以下より申請をお願いします。

1<外部リンク>

※市役所や田原支所、保健センターの窓口やコールセンターへの電話、郵送による申請は受け付けていません。
※申請時には、母子健康手帳の写し(写真でも可)を必ず添付してください。

 

優先接種開始時期

令和3年9月4日(土)から順次
※2回目の接種は、3週間後の同じ曜日・時間・場所になります。2回目接種のご予定も確認の上、希望日時の申請をお願いします。

 

接種可能日

申請日の3日先の日以降で市の集団接種を実施している日
(例)申請日:令和3年9月1日(水) → 接種可能日:令和3年9月4日(土)以降

 

接種案内の連絡方法

登録いただいた電話番号またはメールにて日程の調整をします。

 

接種会場

西部地区:四條畷市立保健センター 四條畷市中野三丁目5番28号

○月曜日、水曜日、金曜日
(午後のみ)午後1時から午後8時30分

○土曜日、日曜日
(午前の部)午前10時から正午
(午後の部)午後1時から午後4時30分

東部地区:グリーンホール田原 なるなるホール 四條畷市大字上田原1番地

○土曜日、日曜日
(午前の部)午前10時から正午
(午後の部)午後1時から午後3時 ※9月から午後4時30分まで実施

接種会場の詳細は、「集団接種会場について」をご確認ください。

 

参考

◇日本産婦人科学会「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報<外部リンク>
◇日本産婦人科医会「COVID-19関連情報<外部リンク>
◇日本産婦人科感染症学会「妊産婦のみなさまへ 新型コロナウイルスワクチンについて<外部リンク>
厚生労働省Q&A<外部リンク>
「新型コロナウイルス感染症(COVID19)対策~妊婦の方々へ~」 [PDFファイル/937KB]

 

新型コロナウイルス感染症の関連リンク

新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)